荼枳尼天

d0359990_19041375.jpg

荼枳尼天《稲荷神》には様々な逸話があるが、言い換えればこれほど素早く動かれる御神仏も少ないと言えます。
その秘密は御眷属にあると考えます。

御眷属は、皆さんもご存知の白狐。
御祭神の命を受け動かれ、事を成就に導くお姿は、正に献身の一言に尽きます。

江戸時代に爆発的な信仰を集め、日本中に広がりを見せた信仰は他に類を見ないほどであります。
それも全て、御眷属の御祭神に仕える強さの表れである。

d0359990_08470824.jpg

私の経験で言えば、お迎えになられた方々の家は隆盛を極めます。

どんな御神仏でも、折衷して頂けるまではお試し期間と考え、献身的に成る必要があると私は考えます。
お祀りしたから直ぐに良く成ると言うのは、こちら側の身勝手。

例えば、あなたが他人から頼み事をされたとします。
あなたは簡単に引き受けますか、それとも断りますか?
あなたは、様子を見るのでは無いでしょうか。

どんな事でも、まず考えて慎重に進めるのが理性的判断である。
御神仏も同じ事なのです。

但し緊急を要すると御神仏が判断された時は、直ぐに結果が現れる事も多々あります。

また、御神仏にも、得意不得意が存在する事を皆さんも知って置いて頂きたい。
例えば、水難を荼枳尼天《稲荷神》にお願いしても通じません。

神仏の世界にも、法則があるのです。
人間界でも、専門分野があるのと同じである。

全てに共通して言える事は、飽きず、怠けず、続ける事がやがて身を結ぶのです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

眞澄稲荷のご本尊である純銀製の荼枳尼天像、及び青銅製のご眷属神像を掲載致しました。
これは眞澄稲荷建立に際し、善意の方よりご寄進賜った大変古いもの(ただし新品)と伺っております。

製造後数十年間(ほぼ私が生まれた年と同じくらい)ずっと、さるところの蔵の中で眠っていらしたそうです。
そして昨年、眞澄においで下さりました。
ご寄進下さった方及び、蔵の持ち主さまのプライバシーに関わる事ですのでこれ以上はお話できません。
ただし、ご本尊が無垢である以上、ご眷属神も無垢で、というのは奇跡のようなお導きだと思っております。

私が自分の商売繁盛や家運隆盛の為にご本尊を迎えていたとしたら、きっとこのご眷属神は私の元へお越しくださらなかったと思います。

強い意志をにじませたご眷属神の横顔を拝見するたび、私は行者としての生き方を教えて頂いているように感じます。
そして、稲荷信仰をひとりでも多くの方に広めるという使命を頂いたことを、重く受け止めている次第です。

今日もありがとうございます

慈優



[PR]
by masumi-inari | 2018-02-09 06:00 | 赤不動明王院便り