このたび眞澄稲荷で如意宝珠(白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊)をみなさまへお授けすることになりました。
そこで、一尊ずつ如意宝珠をお持ちの仏さまについてご紹介していくことに致します。

最初は赤不動明王院の玄関前にいらっしゃる地蔵菩薩さまでした。
今回は如意輪観音さまです。

d0359990_14254897.jpg

如意輪観音菩薩さまとは
ご縁日毎月18日

仏法の象徴である法輪が「どこにでも、どこまでも転がっていく」ように現れて、私たちを救ってくれる仏さま。
災難除去や病気平癒など、息災成就の仏さまでもあります。

出家在家を区別せず、物だけでなく真理に導く正しい教えをも与えてくれます。

d0359990_14254897.jpg


如意輪観音菩薩さまの役割とは

如意宝珠と法輪で、人々に財宝と幸福をもたらす観音さま。
女性を救う仏として信仰されることも多かった。

d0359990_14254897.jpg

如意輪観音菩薩さまの持物

右第1手:思惟手…頬に手を当て、人々を救済することについて考えている。
右第2手:如意宝珠…思いのままに願いを叶える珠。餓鬼界(渇望する世界)から導き救うことを意味する。
右第3手:念珠…苦悩を除く。畜生界(食欲と性欲の世界)から導き救うことを意味する。
左第1手:掌を広げて地に触れる。
左第2手:未開敷蓮華…泥の中から咲く清らかさを表す。人間界から導き救うことを意味する。
左第3手:法輪…どこまでも転がり、煩悩を打ち砕く輪。天界から導き救うことを意味する。



≪参考資料一覧≫

日本のほとけさまに甘える―たよれる身近な17仏―

大江 吉秀/東邦出版

undefined

マンガで教養 やさしい仏像

吉田さらさ(監修)/朝日新聞出版

undefined

仏さまカード 秘密のメッセージ ([バラエティ])

北川宥智,悟東あすか/じゃこめてい出版

undefined




[PR]
# by masumi-inari | 2017-10-17 15:00 | 眞澄稲荷便り
阿字観瞑想法の開講を記念して、個数限定で作製した「香る月輪キャンドル」(現在は製作・販売終了となりました)。
コロンとした形がとても愛らしく、見ているだけで気持ちが和やかになります。

お迎えくださった方が、「もったいなくて、自室/リビング/御玄関に飾って楽しんでおります」と言われることが多いのですが、実際に火を灯して下さった方から画像とご感想を頂きました。
ありがとうございます。

うーん。想像以上に幻想的。
これをご覧になった皆さま、さあ一歩踏み出して灯りを灯してみましょう。
間接照明みたいですね。

ちなみにこちらは、不動明王さまの香りとご仏徳入りの月輪キャンドル(水色)です。
和菓子のお皿に載せて下さいました。
ありがとうございます。



d0359990_11002433.jpg

d0359990_11002649.jpg

d0359990_11002180.jpg

d0359990_11001802.jpg

d0359990_11001731.jpg

御感想も頂きましたので、掲載させて頂きますね。
もちろんいつもの通り、ご了承いただいております。


先日、お迎えさせていただきました月輪キャンドル、よく灯させていただいておりますm(_ _)m

みなさまの、『もったいない…』のお気持ち、よーく解ります❤️
可愛いのと、勝手ながら和をイメージしてものですから、和菓子のお皿に載せております。
ずいぶんと、型が変わってしまいましたが、よろしいでしょうか。
強い香りではありませんが、芯が際立つ紳士的な香りがいたしました。

キャンドルの中の空間は、まるで空のようであり、海のようでもあり、私は、氷河にも見えます(^^)

まるで一編の詩を想起させるような、素敵なご感想をありがとうございました。

慈想さんのキャンドルは、香りの量の調整が絶妙です。
決して強く匂い過ぎず、空間や場の雰囲気、考え事や瞑想の邪魔にならないバランスです。

こちらの月輪キャンドルですが、常に在庫があるという事ではありませんので、もしご希望の方は慈想さんへお問合せ下さい。
↓こちらより




[PR]
# by masumi-inari | 2017-10-17 11:00 | お客様からの手紙
日々のお勤めの前に、写経の際に、気分転換に、邪気を感じたときのお浄めに…。
赤不動明王院にて祈祷済みの塗香はいかがでしょうか。


お届けするのは、落ち着いた甘さを感じる香りです。

d0359990_10230834.jpg

こちらは人の念やネガティブなエネルギーを受け取りやすいかた、気分転換が下手で嫌な思いを引きずりやすい方などにおすすめです。

また医療機関、食品関係など、職場では香りをまとうことが出来ない方にもおすすめ。
一歩職場を出てから、職場での気持ちを一新するためにも非常に効果的だと思います。

その日のうちにすっきり仕事が終われば気分が良いですが、翌日以降に面倒な案件を抱えていると、帰宅してからも気持ちが休まりませんよね。
「今日はもう店じまいですっ」と自分に声をかけてあげるとき、とってもお役に立つと思います。

また私と同じように、霊臭を感じて気分が悪くなるような方にはお浄め効果も抜群でしょう。
臭気は足元にたまります。

カーペット、玄関に少量振りかけて、念入りに掃除機をかけたり、水拭きしてみてくださいね。



塗香の使い方
1右手の親指と人差し指でひとつまみ取り、左手の薬指の根元に置く。
もしくは、塗香入れの蓋を取って同様に置く。

2左手の上に右手を被せる。

3両手を合わせたまま、右左右と3回ひっくり返す。

4そのまま手を擦り合わせて全体に塗香を広げ、手の甲から腕・全身へと塗り、心と体を清めたと観念する

・・・私は毎朝ご本尊さまに向かう時には、両手に広げ、手首に塗り、胸元に刷り込み、最後にその手で髪をなでます。


次に変わった使い方です。

塗香の変わった使い方
1絨毯やカーペット、車のシート等についた嫌な匂いを消す
これは塗香を購入しようと検索していたサイトで、お客様の感想に載っていたご意見を参考にしました。
その方はホテル勤務の男性でしたが、自分が働いているホテルの古いエレベーターの床に張ってあるカーペットから、どんなに掃除をしても嫌な匂いが取れず往生していたそうです。

そこである時、ハッと閃いてごくごく少量の塗香を振りかけて掃除をしてみると…。
あら不思議、あんなにしつこかった匂いが消えているではありませんか?

2掃除機をかけたときの嫌な匂いを消す
これも掃除の際に、ごくごく少量の塗香を床に撒いて掃除機をかける。
塗香の成分は漢方と同じものらしいので、舐めても安全。

3霊的に嫌な感じがする、嫌な匂いがするときに少量散布する
これは私の日常的な使い方です。
たまに魔界の扉をうっかり開いてしまったり(多くはネットから)、何かが憑いてるΣ(゚д゚lll)ガーンと感じるときに行います。

4お客様をお迎えする前とお迎えした後に玄関の掃除の仕上げに散布
これも私の日常的な使い方です
お迎えする前には、「あなたを歓迎致します」の意味を込めて
お迎えした後には、お客さまに憑いてきた、我が家にはご縁のない存在にお引き取り頂くため

5咳がひどくて呼吸が苦しいとき
これも私の日常的な使い方です
少量手に取って胸に刷り込みます
咳が出るときだけでなく、過緊張しているときなどにも、心を落ち着かせるのに良いと思います。



真澄の塗香 塗香総量約8g 4,100円




[PR]
# by masumi-inari | 2017-10-17 08:00 | ★眞澄の塗香
永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_14154530.jpg

その家族は大の動物好きでしたが、貧困で動物を飼う余裕など有りません。
唯一の趣味が家族でのジョギング。
健康的で素晴らしい事である。

何時もの様に早朝ジョギングをして居た時、草むらに箱が捨てられて居るのを発見した娘さん。
恐る恐る側を行くと、箱の中からガサガサと音が聞こえるので、お父さんとお母さんを呼びます。
そしてお父さんが箱を開けると、中に仔犬が一匹、弱った状態でおりました。

娘さんはご両親に頼みました。
この仔犬が元気になるまでで良いから、家で面倒を観たい。
自分の給食を半分残して、この仔犬に食べさせるから、お願い。
家族はジョギングを途中で切り上げ、仔犬を家に連れて帰って自分達が出来る限りの事をしました。

d0359990_14164795.jpg

娘さんは、学校帰りに私の寺に来て、仔犬の無事を祈りました。
娘さんの、何時もより長い学校帰りの祈りが気になり、尋ねました。
全ての事を知り、私は仔犬の無事を本堂で祈りました。

幼い娘さんの合掌する姿がいじらしく、私は氣を込めて祈りました。
それから二、三日目経った休みの日、親子は仔犬を抱いてお詣りにお出でくださいました。
仔犬もすっかり元気になって、可愛い声を上げて居ました。

それからしばらくして、あの事件が有ったのである。
家族が何時ものように団欒を楽しんで居た時、仔犬がいきなり家を飛び出してしまったのである。
家族は驚き仔犬を探しに行きました。

すると以前、仔犬が捨てられて居た草むらに居たのである。
安心した家族が家路につくと、アパートが燃えて居たのである。

d0359990_14174084.jpg

警察の調べで放火と判明、しかし何もかも失った家族は路頭に迷いました。
そこで私の寺で暫く避難生活をして頂きました。

そして不幸中の幸いとは正にこの事、保険に入って居たのである。
家族はあの出来事を思い出しました。
仔犬が逃げてくれなかったら、家族はどう成って居たか。

d0359990_14183044.jpg

家族は仔犬に感謝して、その後は末永く家族の一員として育てておられます。
正に仔犬の恩返しであると私は確信しております。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ。と言いますが、まさに仔犬に命を助けられたお話ですね。

相手が人であれ、動物であれ、自分が苦しいときに他の事を思いやり、出来うる限り最善の事を尽くす。
その浄い心が通じたとき、奇跡は起きるという証明のようなお話だと感じました。

犬は人類にとって一番古い友人。
まさにその言葉のとおりであると思います。

今日もありがとうございます

感謝合掌
後藤慈優




[PR]
# by masumi-inari | 2017-10-17 06:00 | 赤不動明王院便り
d0359990_15124111.jpg
新しく登場した十一面観音さまの香りのご感想が届きました。
ありがとうございます。

何か明確な現世利益がある。というわかりやすいものではなかったので、どのように受け止められるか未知数でした。
しかし、今のところおかげさまでご好評頂いております。

一番目に色が印象的でした。
これまで使わせていただいたどの香りとも違う濃い色にうっとりでした。
そして香りが、これもまた思いがけない香りで ^^

なぜか「きっと苦手な香りな気がする」と思っていたのに大好きなはちみつの香りでした(わたしだけでしょうか?)。

いろいろな出来事があり自分の気持ちがキャパオーバーになっていたときに十一面観音様が来てくださって、ひたすらスプレーしまくっていたら
少しずつ気持ちが落ち着いていきました。

「信仰を守る香り」と思ってお迎えしましたが、この香りはこういうことのみに有効というものではないですもんね^^

いまのわたしに必要な癒やしをくださったんだなと思って過ごせた週末でした。

ありがとうございます。
きっと苦手な気がする…と思われたにも関わらず、お迎えくださりありがとうございます。
はちみつっぽい香りの理由ですが、たぶん濃厚な沈香の精油を、最大限パルマローザで伸ばしたことによるものではないかと思います。
パルマローザは、バラと紅茶の匂いがする。。。というようにも表現されることがあるので、はちみつのあの「ぎゅっと詰まった独特の濃厚さ」に近いかもしれません。

念彼観音力という言葉は、お経の中で読むときにそれぞれに具体的な意味を持って理解されますが、その言葉だけだと海を揺蕩うようにあまりにつかみどころがありません。

貴方が困難に際したとき、強く観音様を念じれば~でしょう。

この「~でしょう」の部分は、人により、状況により様々です。
ですから、頂いたご感想のようなことが起きたのではないかと存じます。

これからもこの香りを愛して頂ければ幸いです。


そしてこちらのお経の現代語訳も、良かったらご覧くださいね。
きっと何かヒントがあると存じます。

d0359990_14132991.jpg
眞澄稲荷 十一面観音像



・沈香~気づきと再生、変革の力をもたらす。
・茉莉花~心にゆとりをもたらし、歓喜を促す。
・パルマローザ~周囲の変化に順応できないときに、柔軟さを与える。


十一面観音さまとは
【一般的に知られている効能】
ものごとがよく成就する。勝利。臨終時の功徳
様々な姿に変わり、煩悩という灼熱地獄からあらゆる命を救う菩薩。
多くの姿に変わることを十一の面で表したのが十一面観音。
前の三面は寂静の顔で慈しみと楽を与え、左の三面は憤怒の顔で深い愛情によって苦しみを取り除き、右の三面は鋭い牙を出し清き行いをするものを讃嘆し仏道を勧め、後ろの笑怒面は悪道の者に心改めさせて仏道に向かわせ、頭頂の如来の顔は大乗仏教の究極の教えを説きます。
深い愛情を表す念珠、慈愛の徳を示す施無畏の印、禅定を表す蓮華、甘露の智慧を注ぐ水瓶を持ちます。
仏さまカード解説書より引用

数ある変化観音のうち、比較的早い時期に成立した尊像。
観音とは「あらゆる方向を向くもの」という意味であるとされる。
あらゆる方向とは「十方」、つまり四方八方の「八方」に上下の「二方」を加えたもの。
このことから観音さまは、本来の顔(本面)以外に十の別の顔を持つことになったのです。
『日本のほとけさまに甘える』より引用





[PR]
# by masumi-inari | 2017-10-16 20:00 | お客様からの手紙
本当にあった、仏さまと私のお話

d0359990_14332559.jpg

慈優の修行記録です


d0359990_17441694.jpg

d0359990_17441592.jpg

d0359990_16160211.jpg



[PR]
# by masumi-inari | 2017-10-16 18:00 | 弟子が荼枳尼天を背負ってやってきた
d0359990_08131867.jpg

慈想さんと私から、少量ですがこちらの愛らしいキャンドルを寄進させて頂きました。

これは師僧の一言と慈想さん&私の試みで出来たキャンドルです。
慈想さんはこの企画の為に、新しい型を購入して作って下さいました。
ありがとうございます。

金箔は赤不動明王院からの寄進です。

師僧『キャンドルを楽しみたい人の中には、火の始末が不安な人もいるだろうから、水に浮かべる奴はどうだ?』
私『フローティング・キャンドルのことでございますね?』
師僧 『カタカナは好かん。でも、それだそれ!いいアイディアじゃねぇか?』

という事で、今年の初めから慈想さんは様々な型で試作をしておられました。
私も沢山その試作を頂戴してきました。

蓮の花のキャンドルは大豆油から作られていますが、こちらの鮮やかな発色はパラフィン・ワックスというものだそうです。
同じキャンドルでも全く雰囲気が違いますね。

これから曇りや雨がちの寒い日が続き、精神的にもちょっと不安定になったり、物悲しい気持ちになったりする人も増えます。
そんなときは、このパキッと明るいお星さまにあなたの心を照らして頂きましょう。

また、傘や本をお借りしたお礼や小さな贈物にもぴったりですよね。

こちらは眞澄での取扱いは致しておりませんので、四季彩ごころさんSHOPからご注文くださいませ。





[PR]
# by masumi-inari | 2017-10-16 08:00 | 眞澄稲荷便り