正月特別祈祷会

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_15310793.jpg

当院では、今回、例年にない祈祷会を謹修する為の準備に追われて居る。
新たに法具師に鋳造させた法具類は数十に及ぶ。

此処では秘法の名前は明かさないが、知る人ぞ知る大法である。
予約を開始した途端、申し込みが殺到して居る。

弱い人を助ける為にあるのが、密教呪術である。
12月31日から8日間謹修する密教秘法は、準備する法具も仏具も供物も全て本物を揃えて《御次第書に忠実に》謹修します。

8日間で使う供物の一つを紹介すれば、真珠を100粒以上が護摩炉の中に消えて行くのである。
申し込み者には、供物も観覧して頂く予定である。

*密教法具に関する師僧の過去記事より*

・密教の法具は、元々は古代の手術道具や、戦士の武器が変化した物を荘厳具に仕立てた物が多い。
例えば、コンペイなどは耳の手術などに使われていた道具と言われる。

・五鈷杵に宝石を仕込み、法具の力を最大限に増幅する加持祈祷も御座います。
宝石の持つ特性と、有る力の融合効果を最大限に発揮させる為に使う法なのです。

・密教本尊仏・密教法具は、高価な物ですが、私は自分の力が及ぶ限り、密教を志す方々の為に、仏師、仏具師、鋳造師、と、掛け合い、出来るだけ安価に抑えて、本物を届けたいと思います。

・現在の密教法具は贋物が多く出回り、写真では判別が難しいほど精巧に作られておりますが、やはり贋物はおもちゃ程度です。
くれぐれも、贋物には手を出してはいけません。
素人見が良い程、贋物は悪意に満ちております。

・最近の密教ブームに便乗して、偽物が多く出回っております。
密教僧なら真偽が解るのですが、素人の方には見分けが難しい、精巧な物もあるのです。
コレクションで楽しむなら問題はありませんが、使用には耐えません。

・古い出処の不明な物には、手を出しては危険です。
左道に使用した法具もあります。
左道に使用した物を所持しただけでも、被ります。
因縁に手を出せば、因縁を被ります。
絶対に、お止めになる事を、お勧め致します。
密教法具には、それだけの力が、秘められているので御座います。
如何しても、欲しいと思われる方は、密教寺院にお尋ねする方が良いと思います。
変な癖が付いていない、無垢な法具で、楽しまれる事をお勧め致します。

・密教法具には、音が出る物が、殆んどで御座います。
何故、音が出る法具が必要か?
古神道の雅楽に観て撮れる様に、音と霊界とは密接な関係が有るのです。
(中略)
密教法具の音は、御仏に捧げる音なので御座います。
密教法具は、心を和らげる効果があるのです。
そして、浄霊効果もあるのです。
本物の密教法具は、鳴らす事で悪霊は退散し、その場を浄めます。
一般の方々が本物の密教法具を家に置き、鳴らす時、空気は澄み渡り、悪霊は退散し、あなたも心癒されます。



d0359990_15304920.jpg

椀器だけでも相当な数を要し、 護摩杓に至っては法具を形どった物を使用します。

此れは当院の秘蔵品である。
正月特別祈祷会の主眼とするのは、願主の開運招福の実現である。
個人差はあるが、笑顔の無い幸福は存在しない。と私は考えます。

家族であろうと、一人暮らしであろうと、笑顔をの無い暮らしに幸福は無いと言える。

笑顔の種を蒔き、笑顔が芽を出し、笑顔が実る時、必然的に開運招福に至るのである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

来る年の祈祷会は、これまでに例のない特別で大掛かりな内容となります。
混迷する現代社会ですが、ご縁ある方には安寧でいて頂きたい…その一心で、長らく修されることのなかった大法に取り組まれることになりました。

この法の詳細、また供物や法具をご覧になりたい方は、ぜひご祈祷にお申込み下さい。
それ以外の方への公開はなさらないそうです。

みなさまが笑顔で過ごせる日常を願い、赤不動明王院は誠心誠意全力で年末根年始の祈祷会に臨みます。

今日もありがとうございます

感謝合掌
後藤慈優



[PR]
# by masumi-inari | 2017-12-08 06:00 | 赤不動明王院便り
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝が、ご本尊さまである赤不動明王尊より霊示を受けて組み上げた二連式念珠(ブレスレット)をお分けさせて頂きます。
毎回ご好評頂いておりましたが、院主多忙につきこの数カ月間はご提供を休止致しておりました。

大変良質の龍眼石及び、特注によるご本尊の梵字入りアメジストも数量限定で入手致しました。
あなたのお気に入りがあれば幸いです。
石の数に限りがありますので、お早めにお申込み下さい。

こちらの念珠ブレスは、完成後ご本尊さまの前でご祈祷致します。
それにより、ご本尊である赤不動明王尊及びご眷属の八大竜王尊のご仏徳が入ります。

また、予定が変われば10本以内でこの企画を突然終了する場合もございますことを、何卒ご了承下さいませ。
念珠もしくはご本尊さま、八台竜王尊のご仏徳等に関するご質問は、ご希望があればご購入者の方へ個別にお答えさせて頂きます。
ご購入前の方へのご質問は承ることが出来かねますので、何卒ご了承くださいませ。

お申込みに関する必須事項につきましては、下記に記載致しております。

d0359990_08490336.jpg

こちらの紫水晶に彫り込んだ不動梵字は、赤不動明王院が特別に発注して作ったものです。
難しい方の梵字の為に、初回作成を依頼した際は、当初予定していた納期に間に合わなかったほどでした。

予定が遅れに遅れ、予約を取っていた私はハラハラして胃が痛い思いをしたのを覚えております。
が、その甲斐あって完成した玉はとても美しく、また金色がよく映えていました。
この画像を出してから、申し込みが殺到したことも記憶に新しいです。

以下は過去の作品例です。
この通りのものを作製できるというお約束は致しかねますが、雰囲気を掴んで頂ければ幸いです。

お金持ちの男性に大変人気だという龍眼石もまだ在庫があるようですが、粒の大きなものはなかなか市場に出回らないと聞いております。
お早めにお申込み下さいませ。

d0359990_08355837.jpg

d0359990_08363482.jpg

d0359990_08365560.jpg

d0359990_08371531.jpg

d0359990_08372682.jpg


【お申込みに関しての必須事項】

・手首のサイズ
計測方法~伸び縮みをしない紐等をぴったり巻き付けた長さをご記入下さい。
二連にしますので、交差する部分の余裕を持たせるため、玉2つ分長く致します。
緩めにご記入いただくとブカブカになってしまいます。
長年の経験により調整致しますので、必ずぴったりの長さをご記入下さいますようにお願い致します。

・身に着けられる方のご生年月日
※お申込み者さまご本人の場合はオーダーフォームへのご記入のみで構いません
ご家族さまやご友人様などへの贈り物の場合は、その方のお名前とご生年月日、手首のサイズが必要です。

・身に着ける方のお顔写真
オーダーフォームからお申込みになられますと、自動返信メールが届きます
そのメールに画像を添付してお送りください。
院主がそのお写真を拝見しながら、身に着ける方のご多幸を祈り、ひとつずつ組んで参ります。
どうしてもお写真がご用意できないという場合は、その旨お知らせください。

・あなたの悩み事もしくは願い事
あなたを霊視し、ご本尊さまから霊示を頂いたことを元に、いま足りない事、弱い所をサポートする最もふさわしい石を使って念珠を組み上げます。
使う石などにつきましては、お任せ頂ける方を対象としてお受けいたします。

【よくあるご質問】

Q)水に濡れても大丈夫ですか?水洗い出来ますか?
はい、皮脂汚れ等を落とすのに水で洗って頂いて構いません。
また水仕事等をされる際に濡れても問題はありません。
ただし、お風呂、温泉等に入られる際には外してください→お風呂とは穢れを落とす為に入るところです。それは失礼に当たります。

Q)滝行のときに身に着けていても良いですか?
問題ございません。

Q)八大竜王さまとはどんな方ですか?どんなご仏徳を頂けるのでしょうか?
実際にご購入になった方からのご質問については、丁寧にお答えさせて頂きます。

【念珠ブレスレットのお値段】
おひとつ18,360円(祈祷料・発送料込)

ご注文は赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します
お振込みの確認を持ちまして、正式なご注文となります。
蓮金剛山赤不動明王院お申込みはこちらよりお願い致します蓮
[PR]
# by masumi-inari | 2017-12-07 13:00 | ★赤不動明王院の仏像・法具

心の在り方

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_17024590.jpg

人間に生まれて一番の悩みは、心の在り方ではないだろうか。
例えば、自分が諍いの種を蒔いたにも関わらず、傍観者を気取って当事者を憐れみ、傍若無人に振る舞う者も居る。

聡明な読者諸氏にはお判りだろう。
一言、自分が発した言葉を忖度した、仲間が先走った行為である。

忖度(そんたく)とは
他人の心をおしはかること。また、おしはかって相手に配慮すること。

デジタル大辞泉より

全ての責は自分にある。と泰然自若たる態度で臨めば、事はこじれず解決に向かったのではないだろうか。
そして、自分を慕う者を救う結果に成ったと考えます。

真実は小説より奇也。
真実を語るには痛みを生じるが、厚顔無恥に陥入るよりはマシだと私は考えます。

d0359990_17024960.jpg

昔の武士の思想は、恥を知る思想にある。
葉隠に曰く、武士道とは死ぬ事と見つけたり。
命を惜しむな名を惜しめ。

正に、恥を知る思想であり、私は見習いたい。
食べる為に恥を行うのであれば、武士は食わねど高楊枝。
童子であれば、腹が減っても脾もじく無い。

正に心の在り方である。
正しく信念を持って活きる時、天は見放しません。

淡々と正義を貫く時、真実は表面に現れ、悪は阻害される社会が形成されるであろう。

自身の位置は他が守り、他の位置は我が護る。の思想は、今の日本では絵空事になりつつある。
正に殺伐としか言えない。

d0359990_17024883.jpg


葉隠
江戸中期の教訓書、武士の修養書。
正しくは『葉隠聞書(はがくれききがき)』、別名『鍋島(なべしま)論語』。

書中の「武士道(ぶしどう)と云(いう)は、死ぬ事と見付(みつけ)たり」という一句はとくに有名。

肥前(佐賀)鍋島氏の家臣山本神右衛門常朝(じんえもんつねとも)(1659―1719)が武士の生きざまについて語った談話をベースに、門人の田代陳基(たしろのぶもと)が歴代藩主や戦国武士たちの言行録や聞き書きから採録したものを加えて整理し、前後7年をかけて書冊にまとめたもの。

(中略)
儒教的な士道論からみれば、極端というべき尚武思想に貫かれているので、藩中でも禁書・奇書の取り扱いを受け、公開を禁じられた。
明治中期以降、再認識され、広く一般にも読まれるようになった。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

考えて頂きたい。
水は高きから低くきに流れ、上流の水が濁れば、下流の水は腐敗する。

親が子を食らわば國は滅ぶ。
真実が歪曲されれば悪業は栄る。
今が目覚める時ではないだろうか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

自分の身や立場を守るため、自分に関わっている者、特に弱い立場の者、反論できない者に罪を被せて正義の味方や被害者を装う人は少なくありません。
そのような人は、自分が引き起こしたことの重大性にいち早く気付いたからこそ、その場から安全地帯に逃げたい一心です。

うまく逃げおおせたと胸を撫で下ろしながらも、心中は穏やかならず。ではないかと思います。

責任ある立場、高い地位にいる人間は、悪意を持って近づく人もいますが、無条件に「あの人の言う事ならば間違いないだろう」「あの人のする事には意味があるに違いない」と、周囲の者が勝手に期待するきらいがあります。

自分に対する良い印象や期待を逆手に保身に走るのは、とても愚かしいもので、ひとたびこの腹の中を見透かされるや自分に対する信頼は地に堕ちます。
反面、弱い立場、人から常に強い言葉を投げられる側としては、自分の正当性をいくら訴えても取り合ってすらもらえないという苦しい状況がままあります。

しかし、その場面だけを切り取るのではなく、俯瞰でものをみることの出来る人は、普段からのその人の言動を見ています。

真偽のほどが明らかではない様々な情報が飛び交う状況下にいるとき、勇気をもって真実を貫くというのは本当に辛く難しいものです。

ではありますが「自身の位置は他が守り、他の位置は我が護る。の思想」を自分の中に落し込み、真に責任感のある人間として、地に足をつけて生きていこうではありませんか。

真実を貫き続ける過程で、人は離れて行ったり、自分を誹謗中傷したり、様々な迫害にあって生活が困窮することもあります。
私にもありましたから、これがきれいごとではないことは体験上よく知っています。

けれど、自分を救うのは真実を貫く勇気と孤高に生きんとする精神なのです。

今日もありがとうございます

感謝合掌
後藤慈優



[PR]
# by masumi-inari | 2017-12-07 06:00 | 赤不動明王院便り
d0359990_16581940.jpg
皆様方には、いつも大変お世話になっております。
金剛山赤不動明王院の年末年始のご相談、ご祈祷の受付について、ご案内させて頂きたく存じます。

・霊視を含まないご相談
・霊視相談
・一般祈祷
・専願護摩
・宝剣加持祈祷

年内は30日まで。新年は8日より再開とさせて頂きます。

誠に恐れ入りますが、年末年始は赤不動明王院は大祈祷会に入ります。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。

8日以降のご相談やご祈祷のご予約、仏像のお迎えなどのお申込みは分院の眞澄稲荷が承ります。
必ずオーダーフォームを通じてお申込み下さい。
ただし、即時お返事をすることが難しくなりますので、その点は何卒ご了承くださいませ。




[PR]
# by masumi-inari | 2017-12-06 12:01 | 赤不動明王院メニュー
日々のお勤めの前に、写経の際に、気分転換に、邪気を感じたときのお浄めに…。
赤不動明王院にて祈祷済みの塗香はいかがでしょうか。


お届けするのは、落ち着いた甘さを感じる香りです。

d0359990_10230834.jpg

こちらは人の念やネガティブなエネルギーを受け取りやすいかた、気分転換が下手で嫌な思いを引きずりやすい方などにおすすめです。

また医療機関、食品関係など、職場では香りをまとうことが出来ない方にもおすすめ。
一歩職場を出てから、職場での気持ちを一新するためにも非常に効果的だと思います。

その日のうちにすっきり仕事が終われば気分が良いですが、翌日以降に面倒な案件を抱えていると、帰宅してからも気持ちが休まりませんよね。
「今日はもう店じまいですっ」と自分に声をかけてあげるとき、とってもお役に立つと思います。

また私と同じように、霊臭を感じて気分が悪くなるような方にはお浄め効果も抜群でしょう。
臭気は足元にたまります。

カーペット、玄関に少量振りかけて、念入りに掃除機をかけたり、水拭きしてみてくださいね。



塗香の使い方
1右手の親指と人差し指でひとつまみ取り、左手の薬指の根元に置く。
もしくは、塗香入れの蓋を取って同様に置く。

2左手の上に右手を被せる。

3両手を合わせたまま、右左右と3回ひっくり返す。

4そのまま手を擦り合わせて全体に塗香を広げ、手の甲から腕・全身へと塗り、心と体を清めたと観念する

・・・私は毎朝ご本尊さまに向かう時には、両手に広げ、手首に塗り、胸元に刷り込み、最後にその手で髪をなでます。


次に変わった使い方です。

塗香の変わった使い方
1絨毯やカーペット、車のシート等についた嫌な匂いを消す
これは塗香を購入しようと検索していたサイトで、お客様の感想に載っていたご意見を参考にしました。
その方はホテル勤務の男性でしたが、自分が働いているホテルの古いエレベーターの床に張ってあるカーペットから、どんなに掃除をしても嫌な匂いが取れず往生していたそうです。

そこである時、ハッと閃いてごくごく少量の塗香を振りかけて掃除をしてみると…。
あら不思議、あんなにしつこかった匂いが消えているではありませんか?

2掃除機をかけたときの嫌な匂いを消す
これも掃除の際に、ごくごく少量の塗香を床に撒いて掃除機をかける。
塗香の成分は漢方と同じものらしいので、舐めても安全。

3霊的に嫌な感じがする、嫌な匂いがするときに少量散布する
これは私の日常的な使い方です。
たまに魔界の扉をうっかり開いてしまったり(多くはネットから)、何かが憑いてるΣ(゚д゚lll)ガーンと感じるときに行います。

4お客様をお迎えする前とお迎えした後に玄関の掃除の仕上げに散布
これも私の日常的な使い方です
お迎えする前には、「あなたを歓迎致します」の意味を込めて
お迎えした後には、お客さまに憑いてきた、我が家にはご縁のない存在にお引き取り頂くため

5咳がひどくて呼吸が苦しいとき
これも私の日常的な使い方です
少量手に取って胸に刷り込みます
咳が出るときだけでなく、過緊張しているときなどにも、心を落ち着かせるのに良いと思います。



真澄の塗香 塗香総量約8g 4,100円




[PR]
# by masumi-inari | 2017-12-06 09:00 | ★眞澄の塗香

準備

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_16331221.jpg

何かを成そう、成し遂げようとすれば、必ず必要なのが準備である。
其処には、地味な努力の積み重ねがある。

一例を挙げれば、あの夏の花火は1年間の地味な努力の集大成と言えるであろう。

加持祈祷も同じである。
特に秘密修法ともなれば、法具類から誂えねばならない。

今、当院では、お正月の秘法の準備で大忙しである。
何故かと言えば、普段やらない大法を謹修するからである。

d0359990_16332391.jpg
正月の赤不動明王院

d0359990_16332643.jpg
正月の赤不動明王院

法具に至っては、密教好きの方でも見た事が無い法具がズラリと並ぶ事に成る。
全て特別注文で作った物である。
《密教塾で公開します》

護摩杓で言えば法輪杓に始まり、宝珠形の器、宝珠杵、高さ一尺の如意宝珠、その他、仏具、法具類は当院秘蔵の宝物である。

普段は一切、公開はしておりません。
今、次第書に基づき、間違えて無きよう準備中である。

d0359990_16332838.jpg
参考資料:法輪

何事も準備が重要であり、その日に向けて重ねて行くのである。
人間関係も同じで、積み重ねて行く事が肝要である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

簡単に成果の出るものは簡単にダメになることが多い。
簡単に成果の出るものは反動も大きい。
祈祷僧として、この二つは常に肝に銘じておかなければならないことだと教わりました。

昔から「継続は力なり」と言います。
継続=準備=鍛錬=努力
と私は理解しています。

師僧の密教僧人生の積み重ねの結果が、また新しい年の特別祈祷で形になるそうです。
楽しみでなりません。
ワクワクします。と答えたら「お前はただ楽しみにしているだけで済む身の上じゃねぇだろう」と言われました。

確かにそうですが、この世界奥に入れば入るほど、見たことも聞いたこともない何か素晴らしいものとの出会いが待っているのです。
遥か昔に志を立て、継承してきた一流の職人と密教僧の生きた証に触れることが出来るのは、やはり楽しみです。

努力なくして伝統は育まれません。
作り上げる努力、受け継ぐ努力、その重要性を世に表していく努力。
どれが欠けてもこの日は来なかったかと思うと、ご本尊さまのお計らいという言葉しか思い当たりません。

相当な密教通であっても見たことのない特別な法具をご覧になりたい方は、密教塾へお入りください。
月謝3000円の私塾です。







[PR]
# by masumi-inari | 2017-12-06 06:00 | 赤不動明王院便り
大変ご好評頂いております如意宝珠ですが、おかげさまでただいま欠品中となりました

眞澄から白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊を入れた水晶の如意宝珠をお守りとしてお授け致します。
如意宝珠とは龍神さまの宝です。
龍神さまは水を必要とされるため、巾着袋の中には水の象徴である真珠をひとつお入れしております。
こちらの真珠は袋から出されませんようにお願い致します。

d0359990_14091919.png


水晶や宝石は、何故、加工が必要なのかご存知ですか?

原石ですと余りにも《無機質》情が無く、いわゆるとげとげしい性格が全面に出過ぎるのです。
それを加工する事で、緩和して居るのであります。
《原石は性格が剥き出しの状態》

原石の成り立ちを學べば、なんたるかを確認できるはずです。
科学式だけで無く、原因まで掘り下げれば明白です。

如意宝珠は、法を付加する事で様々な力を発揮する球の事であります。
一例を挙げれば、龍神の宝珠、稲荷神の宝珠、地蔵尊の宝珠が見られます。
その他にも、宝珠を持った仏は出会うことがあります。
数えて観るのも、學びです。

師僧


d0359990_19005520.jpg

赤不動明王院秘宝 白蛇神火炎如意宝珠《如意宝珠奉安容器銅製小型》
如意宝珠が奉安されて居ります。

当院では長年、宇賀神尊の宝物として、白蛇神火炎如意宝珠を奉安して居ります。
師から弟子に受け継がれ、現在は銅製の如意宝珠の中に安置して居ります。
古来、如意宝珠を持つ者は、富貴意のままに成ると言いますが正しく、その働きは顕著に表れて居ります。
信徒様の願い成就と云う形に変わり、現在も当院の宝物として現存して居ります。

今回、真澄稲荷《当院の分院》建立を記念して、当院所蔵の白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊である、如意宝珠を御授けする事に成りました。


d0359990_14181084.png

如意宝珠(溶解水晶)守り
・直径約20㎜
・巾着袋つき(中に真珠が入っています)
・5,400円(送料込)

~如意宝珠の浄化の仕方~
1)宝珠を小さなお皿や器に入れます。
2)日本酒を熱燗にし、何かの容器に入れます。
3)上から優しくスプーンでお酒をかけます。
4)お酒を掛けて浄化する際に、宇賀神さまのご真言を唱えます。
5)お手入れとおもてなしが終わったら、水洗いして柔らかい布で拭きます。
6)お手入れに使った後の日本酒はお料理に使ったり、お風呂に入れてご利用ください。
お風呂に入れるとお肌がツヤツヤピカピカになるという事です♡
※お手入れとおもてなしに使う日本酒は、出来れば大吟醸酒が好ましいですが、そうでなくても構いません。
要はおもてなしの気持ちが大切です。

こちらの如意宝珠は、ヒマラヤ水晶を原材料とした溶解水晶です。
天然水晶をご希望される方へ。
要相談とはなりますが、天然水晶をご提供させて頂くことも可能です。
ちなみに天然水晶の場合は、15ミリ位のサイズで、原価3万円~、10センチサイズで数百万円~となっております。
こちらに加工賃、祈祷代、送料等を別途お乗せした金額でのご請求金額となりますことをご了承下さい。
また、お品物に対する保証書として、鑑定証(別途1万円かかります)もしくは国際鑑定証をお付けすることも可能です。
ご入用の際にはどうぞ遠慮なくお申し付け下さいませ。


≪溶解水晶(練り水晶)とは…≫
水晶を粉にして高温で溶かし、不純物を取り除いてから再度結晶化させたもの。
無色透明であり、大きなものでも安価で取引される場合が多い。
別名「石英ガラス」


[PR]
# by masumi-inari | 2017-12-05 21:00 | ★眞澄の仏像・如意宝珠・御幣