<   2017年 09月 ( 61 )   > この月の画像一覧

時々、仏壇、仏具などの勉強をするため、市内の仏具店さまを尋ねます。
今日は友人の尼僧さんから教えて頂いた、仏具磨き剤を求めてきました。

これまで私は手入れ用品はホームセンターと100円ショップで購入してきました。
独鈷などの法具のお手入れには、100円ショップ(アクセサリーを磨く布はどこですか?とご質問下さい)やホームセンターで売っている銀磨きは非常に重宝します。
しかし、これは使い捨てなので不経済という向きもあるでしょう。

鈴や燭台をきれいにしようと思ったら、やはりクリームや液体の磨き剤が経済的。
ただ、これの難点は溝などに入った場合の磨き残しが出がちなこと。
そういう時には古い歯ブラシで丁寧にこすり落とすことが肝要です。

しかし、寺とか神社などは法具・仏具・神具の類が多い!
しかも大きい!

いかに磨きが趣味の私でも、一日中こればかりに掛かっておられません。
という事で、液体探しの旅に出ました。


【仏具磨きに最適】ニューテガール 250cc

null

undefined


ありましたよ~。
ついでにロウ落しのスプレーも(今回は購入しておりませんが)ありました。

仏具屋さんで、さも素人のように会話。
お店のお姉さまはクリームタイプ、もしくは液体タイプを熱心にすすめて下さり「液体はお寺さまなどにはいいと思いますが…一般のご家庭なら仏具は小さいですし(自分で磨けばいいじゃない。たいした数じゃないんでしょ?)」と消極的でしたが、いえいえ。

いちお、一般家庭用ではないものを対象としておりますのm(__)m

「これが良さそうな気がするので、これを頂戴致します」

モノグサーなお嫁さんを演じてみました(笑)
普通のものならば、徒歩5分のホームセンターで購入できますしね。
せっかく遠出したのですから、戦利品が欲しいところです。

適応素材は真鍮らしいです。
気を抜くと 『響銅はイケますか?』と口走りそうなので、そこは静かに曖昧な笑顔を浮かべてやり過ごしました。
下手に身分を明かしてしまうと、今後お勉強の為にお店に行けなくなってしまいます。

今回も何も言わないのに、お店の方が商品を割引してくださいました。
ありがとうございますm(__)m

これまで仏さま関係で、様々なお店に買い物に行ってきましたが、手芸店でも画材屋さんでも仏具やさんでも、ありがたいことに値引きして頂いております。

人生日々感謝です。


[PR]
by masumi-inari | 2017-09-30 20:00 | 眞澄稲荷便り

ただいま、青銅製雙身毘沙門天尊像を1体のみ厨子・登高座付きでお分けさせて頂きます。
値段は通常と同じ237,600円です。
今後、このようなセットでお分けさせて頂くことはございません。


d0359990_14095861.jpg

今回、特別にお分けさせていただくセットです。


d0359990_16122385.jpg



これまで孔雀明王尊以外の木像は、厨子入りで皆様にお分けさせて頂いてきました。
それは仏さまに失礼がないように。そしてお迎えくださる方が心を込めて毎日礼拝できるように…という僧侶としての想いでさせて頂いた事でした。
しかし、鋳造仏は非常に高額なため、お厨子をつけるとお迎えできる方が非常に限られてきます。

一人でも多くの方に本物をお迎え頂きたい…という院主の願いが届かないことになってはいけない。
という事で、これまでの鋳造仏にはお厨子がついてきませんでした。
宇賀神さまに際しては、取り置きの厨子があったために、破格値の一万円でお分けさせて頂きましたが、そのようなことは本当にあるものではございません。
ご興味がある方は、仏具屋やインターネットなどで漆塗りのお厨子がいくらするのかを検索されてみるとよろしいかと存じます。


朱塗りの厨子は、この双身毘沙門天尊の為に特注であつらえたものです。
更に登高座がついておりますので、お迎えになった方は大変お得です。
こちらの一体限り、仏像の値段のみでお分け致します。

双身毘沙門天尊のご仏徳について、これまで沢山の方からご質問を頂きました。
代表的なものと致しまして「開運」があります。
それ以外にも沢山の効験がございますが、それは実際にお迎えになった方にのみお知らせ致します。


様々な悪評を立てる人間は、自分がお祀り出来ないやっかみが大部分であり、自分がお祀りした時には180度変わり、良いの連発になるのです。
昔からの諺に、論より証拠と言う言葉があります。
正にその通りです。

自分が出来ない妬み、やっかみは何時の時代にも存在ます。
しかし、そんな流言飛語を間に受けて信じれば、一生涯真実を知らず終わることになり、誤った知識は迷信を産むのです。

真実は一つであり、迷信、怪奇、不思議に終始すれば、終生真実にたどり着くことは出来ません。





[PR]
by masumi-inari | 2017-09-30 11:00 | ★赤不動明王院の仏像・法具

祈り

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_08315436.jpg

人は祈りの中に身を置く時、安らぎを覚えます。
何故、人間は祈りの中にある時に安らぎを覚えるのか?
其れは、人の中に仏性があるからです。

本来、どんな人であっても仏性を持っていますが、それに氣付かず終わる人も少なくありません。


仏性(ぶっしょう)とは
仏の性質・本性のことで、主に『涅槃経』で説かれる大乗仏教独特の教理である。
覚性(かくしょう)とも訳される。
また『法華経』では、仏種(ぶっしゅ)「仏に成る種」、『勝鬘経』では、如来蔵(にょらいぞう)などと、さまざまな表現がされるが、基本的に仏性と同じ意義である。

仏教では、この仏性を開発(かいほつ)し自由自在に発揮することで、煩悩が残された状態であっても全ての苦しみに煩わされることなく、また他の衆生の苦しみをも救っていける境涯を開くことができるとされる。
この仏性が顕現し有効に活用されている状態を成仏と呼び、仏法修行の究極の目的とされている。


≪三因仏性≫

『大般涅槃経』獅子吼(ししく)菩薩品(ぼさつほん)に説かれるものを智顗が整合し確立した、成仏のための3つの要素を三因仏性という。

正因仏性(しょういんぶっしょう) - 本性としてもとから具わっている仏性のこと
了因仏性(りょういんぶっしょう) - 仏性を照らし出す智慧や、その智慧によって 発露(ほつろ)した仏性のこと
縁因仏性(えんいんぶっしょう) - 智慧として発露するための縁となる善なる行いのこと

Wikipediaより

d0359990_08365744.jpg

六道が有るように《六道輪廻》様々な経験を積み重ね、人間として成長します。
祈りは魂を磨き、悪事は魂を穢します。
魂を磨く事に専念して行動を考え、理性に生きる時、人は優しくなれます。

その逆に悪に喜び、悪心に支配される時、人は人でありながら人では無くなります。
騙す事を喜び、奪うことに快感を覚え繰り返すうちに、魂は穢れ、もう後戻りは出来無い。

その原因を作り上げたのは自分であり、他の誰でも無いのである。

六道(ろくどう、りくどう)とは
仏教において迷いあるものが輪廻するという、6種類の苦しみに満ちた世界のこと。

・天道
天道は天人が住まう世界である。
天人は人間よりも優れた存在とされ、寿命は非常に長く、また苦しみも人間道に比べてほとんどないとされる。
また、空を飛ぶことができ享楽のうちに生涯を過ごすといわれる。
しかしながら煩悩から解き放たれておらず、仏教に出会うこともないため解脱も出来ない。
天人が死を迎えるときは5つの変化が現れる。これを五衰(天人五衰)と称し、体が垢に塗れて悪臭を放ち、脇から汗が出て自分の居場所を好まなくなり、頭の上の花が萎む。

・人間道
人間道は人間が住む世界である。
四苦八苦に悩まされる苦しみの大きい世界であるが、苦しみが続くばかりではなく楽しみもあるとされる。
また、唯一自力で仏教に出会える世界であり、解脱し仏になりうるという救いもある。

・修羅道
修羅道は阿修羅の住まう世界である。
修羅は終始戦い、争うとされる。
苦しみや怒りが絶えないが地獄のような場所ではなく、苦しみは自らに帰結するところが大きい世界である。

・畜生道
畜生道は牛馬など畜生の世界である。
ほとんど本能ばかりで生きており、使役されるがままという点からは自力で仏の教えを得ることの出来ない状態で救いの少ない世界とされる。
他から畜養(蓄養)されるもの、すなわち畜生である。

・餓鬼道
餓鬼道は餓鬼の世界である。
餓鬼は腹が膨れた姿の鬼で、食べ物を口に入れようとすると火となってしまい餓えと渇きに悩まされる。他人を慮らなかったために餓鬼になった例がある。
旧暦7月15日の施餓鬼はこの餓鬼を救うために行われる。

・地獄道
地獄道は罪を償わせるための世界である。

Wikipediaより

人間は、肉体のある内は中々悟れ無いが、肉体は仮の姿であり本質は魂である、と悟ることで人生は大きく変化します。

死んでしまえば終わりだとお考えの方は、そのままお通り下さい。

生きるとは何か?
死とは何か?
とお考えの方は、私の友である。

如何に生き、如何に學ぶか。
これが人生の命題なのです。

光陰矢の如し。
長い人生と思った時、後ろを振り返ってみればわかります。
過ぎた過去は短く、未来は誰にもわから無い。

d0359990_09445823.jpg

わからないから、寸暇を惜しんで學ぶのです。
解っていることを再度學ぶのは復習。
わからないから、學びを進め深める事が大切なのです。

私達は自由であり、學ぶも學ばざるも自由である。
選択をするのは、あなた自身しかないこれが自由選択である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝
空海の著『秘蔵宝鑰』の中に、すべての人の中には仏になる種があるにも関わらず、自分の愚かなふるまいのせいで、その種を焼き滅ぼしていることに気付かない人が多い。とあります。

自分の中の種を芽吹かせるためには、次の三段階が不可欠です。
仏さまの智慧に出会う。
その智慧に自分が触れて學ぶ。
その學びを、自分の行いを通して実践すること。

そのためには優れた師、素直な心、共に研鑽出来る仲間の存在が必要ではないでしょうか。
人は學びを通して人と繋がり、人を通じて祈りに出合います。
自分の事だけを考えていれば、仏と自分、師と自分の二者だけで事足りますが、それだけでは人としての度量は深く広くならない気がします。

自分が自分が。
もっと、もっと。

そうした執着の見苦しさや、人を蹴落として良い目を見ようという浅ましさ…。

そうしたものに気付かせ、改めさせてくれるのは、自分以外の為に祈る事が出来る他者との出会いに他ならないのではないでしょうか。

置かれた場所で咲きなさい。という言葉があります。
それは、「自分のいる境遇を諦めて受け入れろ」という屈辱的で後ろ向きな諦めの言葉などではありません。
「自分のいる環境そのもの、丸ごとが自分にとって一番ふさわしい學びの種である」という、非常に積極的な意味だと私は解釈しています。

私自身は、誰かと人生を取り換えてほしいとも思いませんし、他の人に自分の人生を味わってほしいとも思ったことがありません。
『なぜ自分だけが…。と思う事があるでしょう?』という問いかけをされることもよくありますが、正直にいってその言葉はピンときません。
よほど鈍いのでしょうか?

自分自身でさえ、判断がつかない日常の中に私は生きています。
ただ、それを後悔や不満で終わらせないためには何が出来るか?を考えることで精いっぱいだからです。

今日もありがとうございます

感謝合掌
後藤慈優

空海「秘蔵宝鑰」 こころの底を知る手引き ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)

空海/角川学芸出版

undefined






[PR]
by masumi-inari | 2017-09-29 06:00 | 赤不動明王院便り
調香内容を一新した、祈りの雫「不動明王さまの香り」に、最初の御感想メールが届きました。
ありがとうございます。
夏の間は、サッパリとした鋭いハーブの清涼感を楽しめる内容でしたが、秋に向けて落ち着いた香りに変更です。

d0359990_15511096.jpg

夏は怠惰な気持ちを斬る。という香り。
秋は時々物悲しくなったり揺れ動いたりする心に、「大丈夫」を取り戻す香りになっています。

それではお許しを頂いて、ご感想を掲載させて頂きますね。

不動明王さまの香りの感想を少しだけ送ります。
今までの不動明王さまの香りは、都会のアスファルトの上に地に足をつけて立つという感じでした。

今回の不動明王さまの香りは、森の中で地に足をつけて立つというのか、包み込むような香りだと感じました。
キリッとしながら落ち着く香りです。

先日、体調不良で寝込んでいたとき、不動明王さまのオイルをスプレーして横になったところ、だいぶつらさが緩和されました。
これもお不動さまのおかげかも知れませんね。




・グレープフルーツ・
~今の自分を認めるための手助けをする

・シルバーファー・
~すべてを受け入れ、優しさや感謝の気持ちを持てるように促す

・ペパーミント・
~柔軟な考え方、状況に応じた振る舞いが出来るようになる

・パチュリ・
~気持ちを安定させ、地に足をつける




[PR]
by masumi-inari | 2017-09-28 14:00 | お客様からの手紙

感覚

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_14124689.jpg

人間に元来備わっている感覚は、皆さんもご存知の通り体感が一般的《五感》であるが、稀に他の感覚を有する場合もあります。
それが俗に云う霊能者である。
世間で騒ぐほど特出した能力では無く、修行や信仰に寄って表れる場合もあります。

簡単に言えば、あなたにも存在する感覚なのです。
例えば、3歳までのお子さんには、必ずと言っても良いほど感覚を持っているのである。

ただ俗世の垢にまみれ、自然消滅的に失った能力であると言えます。
それがなにを示すかお考え下さい。
正に無垢な状態が幼心であり、私達が忘れた感覚なのです。

d0359990_14131477.jpg

人間は我欲に支配される時、五感以外の感覚を忘れます。
そして想像力、創造力をも喪う事に繋がるのである。
子供の頃、無垢だった少年少女が時を重ねて行くごとに変貌し、様々な生き方を選択し、ある者では独裁者に成り下がり、ある者は犯罪者に下落する。

d0359990_13245081.jpg

其処には最早、五感を満たす欲望しか存在し無い。
そう成る前に、忘れた感覚を呼び起こし、目覚めても良い。と考える今日この頃である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

密教塾でこの程開催される「念力開眼法講座」は、幼い頃に誰しもが持っていた第六感を再開発し、混迷するこれからの世の中を、偏った情報や人の悪意による印象操作に惑わされることなく、地に足をつけて生きるすべを磨いていく内容となっているそうです。

私たちは、自分の五感を欲望で満たす人生を送るのか、それとも五感、そして六感を磨いて、愛と調和に満ちた美しい人生を共に作り上げていくのか。

いままさに分岐点に立っていると感じます。

今日もありがとうございます

感謝合掌

後藤慈優





[PR]
by masumi-inari | 2017-09-28 06:00 | 赤不動明王院便り
おかげさまで、相変わらず絶好調の人気者である「聖天さまの香り」
また嬉しいご感想を頂戴しました。
ありがとうございます。

これほどまでに生み出す過程で葛藤した作品は他にありませんでした。
足して足して足して、削って削ってそぎ落として…。
ようやくたどり着いた答えだから、きっと愛して頂けるのだと思います。

それではお許しを頂いて掲載させて頂きますね。

d0359990_17041543.png


聖天様のオイルは、くっきりとした薫りが勇気や活力を下さいます。
自分を確りとさせなければならない場には、コットンに含ませてバッグに入れています。
感覚が鋭くなるようで、其の場の空気がハッキリと判断できます。動じない私が居ます。
慈優様のオイルは香料に敏感な夫にも受け入れ易いようです。
思わず頻繁に使ってしまいます。
今迄使っていた香水の出番が有りません。(=゜ω゜)ノ

御感想を拝読していて、ふと思い出したことがあります。

それは、私が中学生くらいからずーっと香水が好きで、色々と本を読んだり集めたりしていたことでした。
私が高校生くらいの頃から「アロマテラピー」というものが徐々に流行り始めてきた記憶があるのですが、当時は「香水=洗練されている」「アロマオイル=なんだか草っぽい匂いの地味なもの」という印象でした(笑)
・・・あくまで私の中のイメージですm(__)m

中高生の頃と言うのは、早く大人になりたい。
同級生より大人びて見えたい。
そんな背伸びしたい盛りです。

ですから、当時は精油などというものに見向きもしませんでした。

しかし、相当な大人になってから(笑)保存料やその他の化学物資の入っている香水を受け付けられなくなり、純粋な精油に戻ってきました。

昔は香水の「香り」、瓶の造形という「形」、会社の持つ「ブランドイメージ」、液体の「カラー」。
そうした見た目から受ける雰囲気を総合して楽しみ、背伸びの材料にしていた私がいました。

けれど精油に惹かれたのは、そうした外見の魅力ではなく、植物の生きようとする力に対してでした。
保存料も増量剤も混じっていない純粋な精油は、直接心に響くと感じたのです。

生花を仏さまにお供えするのと同じ感覚です。
私の香りは仏様へのお供物として、仏さまを賛美する調べとして、創作しております。
そこに祈祷によってご仏徳が入ることにより、仏さまと人間とが双方向で繋がり合う瞬間を描くのが、「祈りの雫」シリーズです。






[PR]
by masumi-inari | 2017-09-27 21:00 | お客様からの手紙

宇賀神さまのご縁日

d0359990_10193217.jpg

香合仏の宇賀弁財天さまをお迎えになった方から、宇賀神さまのご縁日はいつでしょうか。
とお問い合わせをいただきました。

一般的に巳の日(芸術や財運を司る弁財天のご縁日)は金運・財運にまつわる縁起のいい吉日のひとつとされています。
こちらは十二支の1日で、12日ごとに巡ってきます。

しかし更に縁起の良い弁財天さまの日があります。
それが60日に一度やってくる己巳(つちのとみ)の日です。

2017年の己巳(つちのとみ)の日
10/9(月)と12/8(金)

2018年の己巳(つちのとみ)の日
2/6(火)、4/7(土)、6/6(水)、8/5(日)、10/4(木)、12/3(月)

d0359990_14181084.png


当院では長年、宇賀神尊の宝物として、白蛇神火炎如意宝珠を奉安して居ります。
師から弟子に受け継がれ、現在は銅製の如意宝珠の中に安置して居ります。
古来、如意宝珠を持つ者は、富貴意のままに成ると言いますが正しく、その働きは顕著に表れて居ります。
信徒様の願い成就と云う形に変わり、現在も当院の宝物として現存して居ります。

d0359990_19005520.jpg
赤不動明王院秘宝 白蛇神火炎如意宝珠《如意宝珠奉安容器銅製小型》
如意宝珠が奉安されて居ります。


今回、真澄稲荷《当院の分院》建立を記念して、当院所蔵の白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊である、如意宝珠を御授けする事に成りました。
10/6の宇賀神さまご縁日までに、白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊を入れた水晶の如意宝珠をお迎えしてみてはいかがでしょうか?

如意宝珠(溶解水晶)守り
・直径約20㎜
・巾着袋つき(中に真珠が入っています)
・5,400円(送料込)

~如意宝珠の浄化の仕方~
1)宝珠を小さなお皿や器に入れます。
2)日本酒を熱燗にし、何かの容器に入れます。
3)上から優しくスプーンでお酒をかけます。
4)お酒を掛けて浄化する際に、宇賀神さまのご真言を唱えます。
5)お手入れとおもてなしが終わったら、水洗いして柔らかい布で拭きます。
6)お手入れに使った後の日本酒はお料理に使ったり、お風呂に入れてご利用ください。
お風呂に入れるとお肌がツヤツヤピカピカになるという事です♡
※お手入れとおもてなしに使う日本酒は、出来れば大吟醸酒が好ましいですが、そうでなくても構いません。
要はおもてなしの気持ちが大切です。

こちらの如意宝珠は、ヒマラヤ水晶を原材料とした溶解水晶です。
天然水晶をご希望される方へ。
要相談とはなりますが、天然水晶をご提供させて頂くことも可能です。
ちなみに天然水晶の場合は、15ミリ位のサイズで、原価3万円~、10センチサイズで数百万円~となっております。
こちらに加工賃、祈祷代、送料等を別途お乗せした金額でのご請求金額となりますことをご了承下さい。
また、お品物に対する保証書として、鑑定証(別途1万円かかります)もしくは国際鑑定証をお付けすることも可能です。
ご入用の際にはどうぞ遠慮なくお申し付け下さいませ。


≪溶解水晶(練り水晶)とは…≫
水晶を粉にして高温で溶かし、不純物を取り除いてから再度結晶化させたもの。
無色透明であり、大きなものでも安価で取引される場合が多い。
別名「石英ガラス」


[PR]
by masumi-inari | 2017-09-27 14:00 | 眞澄稲荷便り

祈りと成就

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_15023112.jpg

全ての道に完全保証は無い。
昔から、『私は俺は、あんなに拝んだのにあれだけやったのに、御利益が無い』と言って居る人を見て来た。
が、全ては精神的物質欲に固まり、する祈りは通じません。
何故か。

それは、祈りでは無く依存だからである。
依存とは甘えであり、甘えを聞いてはくれません。
甘えを聞いて動くものが居るとしたら、それは下心ありと言うしか無い。
何故ならば、様々な事象、試練は學びである。

駄々っ子の甘えを許す親は、本当の意味で子供が可愛く無いのである。
正しい親なれば、間違えを正し、導くばずである。
導け無いのは、自らも未熟である場合と無能な場合である。

d0359990_15025100.jpg

御仏は、耐えられ無い試練は御与えに成りません。
また、本人が反省と感謝を知った時、全ての試練から解放され、真の自由を御授けに成ります。
礼拝供養は自分にして居る事を悟る時、全ての疑問も苦しみからも解放され、真理に近づきます。

d0359990_15032857.jpg

お計らいは真理への架け橋であり、精神的物欲を満たすものではありません。
御仏とある暮らしは、あなたの人生を輝かせる為のものであります。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

『自分はこれだけやったのに思い通りにならない』
そんな風に言う方の言葉を聞くたびに、悲しい気持ちになります。
神仏がその相手だった場合は、神仏の否定や冒瀆の言葉がその後に続き、人間が相手の場合には怨みつらみの言葉がその後に続きます。

全てがそうだとは言えませんが、努力をして結果が好ましいものではないとき、「自分の取り組み方にも問題があったのではないだろうか」と顧みることが出来る人は、期待した結果にならなかった出来事からも、収穫を得ることが出来ると思います。
その反対に、自分はいつも正しい。自分だけが正解である。と頑として譲らない人は、そこから成長が止まってしまう気がします。

自分の思い描く結果にならないとき、少なくてもこのような分析が可能だと思います。

・自分のやり方がまずかったのではないか
・自分の考えが不十分だったのではないか
・相手に問題があったのではないか
・適切ではない人に頼んだ。あるいは正しくないものを使用したのではないか
・タイミングが今ではなかったのではないか

そこから考えられる問題点や改善点は派生して広がっていくはずです。

師僧はいつも「俯瞰しなさい」と仰います。
これは起きている現象を、原因結果を通してみることだと私は思います。

何がうまくいかない→自分は不幸だ→もうダメだ。消えてなくなりたい→なんで自分ばかりこんな目に遭うんだ→あの人が許せない

これは、何かに依存だけして努力しなかった場合に陥る負のスパイラルです。
ここには思い込みと甘えと依存による「感情」しかありません。
思考と努力があれば、悪くなる一方という事はありませんし、自分を傷つけたり浅はかな言動によって自分の評価を落とす事もないのです。

起きている現象と自分が持っている感情はバラバラに存在している訳ではなく、すべて繋がっています。
それぞれを別個のものではなく、関連付けて考え、解決に向けて努力したときに「腑に落ちる」という経験をします。

ようやくわかったのかい。
その通りだよ。
という感じで、祈りは成就するように私自身は感じています。

今日もありがとうございます

感謝合掌
後藤慈優



[PR]
by masumi-inari | 2017-09-27 06:00 | 赤不動明王院便り

特別注文荼枳尼天尊完成

このほど、赤不動明王院の信徒さまのご要望により眞澄稲荷の分け御霊を製作致しました。
ちょうど今日、完成した荼枳尼天尊像が赤不動明王院に到着致しました。

眞澄稲荷の1/10の縮小サイズです。
d0359990_13512836.jpg

d0359990_13513055.jpg

d0359990_13513237.jpg


🌟荼枳尼天尊🌟
人を選ばず、誰の願望でも成就させてくれるとして幅広い層から信仰を集めています。

ご利益にはこのようなものがあります
≪何はさておき、商売繁盛!≫
商売繁昌/事業繁栄/家業繁栄/営業繁栄/

≪稲荷というからには…豊かな恵みに関するご利益も有名です≫
五穀豊穣/大漁満足

でも、それだけではありません。
心願成就という言葉がありますよね?心に願う事を成就させるという意味です。
ですから、他にはこのようなものもあるのです。

≪安全に関するご利益≫
家内安全/交通安全/海上安全/社内安全/工事安全

≪健康や厄除けに関するご利益として≫
病気平癒/身心堅固/良縁成就/安産祈願/厄難消除

≪学業や習い事に関するご利益として≫
試験合格/芸道増進
主なご仏徳
・開運出世
・事業繁栄
・商売繁盛等など

師僧からいつも教えて頂いておりますが、仏像というものは大きなものよりも小さく作る方が高い技術力を要するものなのだそうです。

こちらがわたくしのご本尊さまの荼枳尼天尊像(御前立ちの仏)です。

d0359990_17441592.jpg

荼枳尼天さまが自分のご分身を早く増やされたかったのか、師僧が仏師さんにお願いしていた他の仏さまより先に完成したと伺いました。
仏師さま曰く『ノミが走りまして 』と。
それはたぶん間違いなく、荼枳尼天さまが急がせたせいでしょう。

完成まで3ヶ月は必要です。というお話だったのが、たった1ヶ月で完成したのですから。
登高座も特注です。
見事ですね。

お迎えになる信徒さまは、これから子々孫々までご繁栄されることでしょう。
この美しい菩薩顔の荼枳尼天さまが、いつも信徒さまのご家庭をお守りくださることを祈念いたします。

今回は特別注文でしたが、眞澄稲荷の分け御霊は、木像でも純銀製でも製作可能でございます。
ご希望の方は、ぜひお問合せ下さい。

お問い合わせには

・お名前(フルネームで)
・お電話番号
・ご住所
を必ずご明記の上、rapport_mana@yahoo.co.jpまでメールをお願い致します。


可愛いけれど、精密な彫りの美しい香合仏も大変ご好評を頂いております。




[PR]
by masumi-inari | 2017-09-26 14:00 | 眞澄稲荷便り

お計らいの力

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_14594843.jpg

私は、お計らいの力の凄さを何度と無く知って居る。
事例を挙げれば切りがないほどですが、敢えて書きません。

何故か。
不思議思考に成って欲しく無いからである。
不思議思考は、人間には必要ありません。

必要なのは、素直に受け取り、正心に生きる事である。
《正心に優るもの無し》
欲を制し、感謝と布施の心で生きる時、未知の力が働きあなたに真実を知らしめます。

d0359990_15001336.jpg

一例を挙げれば、行方不明の人が家族の御祈願に依って帰郷、帰宅する。
病の宣告を受けた方が、大難は小難、小難は無難にとお計らいが働かれることも多々あります。
仕事が決まらず困って居た方が、決まった。
借金苦で喘いで居た方が、思わぬ形で救いが来た。
などなど、数え挙げれば切りがないほどです。

此れは全てお計らいの力である。

では何故、お計らいの力が動くのか?
反省と感謝の念が届いた時に発動されます。

d0359990_15003775.jpg

では何故、反省と感謝が必要か。
反省と感謝が足りない場合は必ず繰り返します。

因縁は試練であり、基本的には學びなのです。
學ばず繰り返せば、同じ事が起こるのは当たり前である。

履修し、同じ過ちを犯さ無い為にも反省と感謝が必要であり、其処にお計らいの力が動くのである。


お計らいだけを望んでも、発動はしません。
現代社会が何でも早く出来上がるから、此れもあれも早く出来ると考えるのは、インスタント脳に成っている証拠と言わざるをえ無い。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

昔、古神道の修行をしていた頃、「お計らい」に類する表現として「(ご神仏の)後押し」という言葉をよく見聞きしました。
この「後押し」が頂けるのには条件があったと記憶しています。

それは周囲への感謝、明るく謙虚な姿勢、そして自らの努力です。
後押しは、自らの努力の量によって頂ける、と。
他者との比較ではありません。

私は妹弟子の慈葉さんが御遣いになる「御取り計らい」という表現も好きです。
自分から「ああしてほしい」「こうしてもらいたい」とグイグイ要求して、それを通してもらうというのではなく、自分が誠心誠意生きて努力している姿を御認めくださったとき、思いがけずお導き頂いた…という謙虚なありようを示しているように感じます。

お計らい、あるいは御取り計らいというのは、実は奇跡のような大きなことが次々に起きて、目の前の世界が一変するようなことだと思っている人も多いかもしれません。
だから、既に自分は充分にお計らいを頂いているにも関わらず、自分が抱いている欲の大きさに見合った満足が得られなくて、不平不満を持つことも人間には少なからずあります。

冷静な第三者から見たら、『あなた、それはもう充分に良いことがあったではありませんか。お幸せな事ですよ』と言いたくなるような事でも、「いいえ、私はまだ●●が足りません」という人も沢山います。

そういう人は、大抵人を羨ましがったり、自分を悲劇の主人公に仕立てているので、基本的な感情が不満足感でパンパンなのです。
人の好意、人の意見を取り入れる余地がないので、幸せも入ってくるスキマがないという事に気付けません。

その拗ねてむくれた感情をへこませるのが、感謝の気持ちです。

今日もありがとうございます
感謝合掌
後藤慈優



[PR]
by masumi-inari | 2017-09-26 06:00 | 赤不動明王院便り