眞澄稲荷日和

masumiinari.exblog.jp

金剛山赤不動明王院 眞澄稲荷社

カテゴリ:赤不動明王院便り( 189 )

地球規模のカルマ

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_10355880.jpg
カルマ《因縁》は、戦争である!
人を虐殺し、様々な生物をも巻き込み破壊する戦争。
一人の独裁者が、己れの感情を満たす為に起こす行為としては最悪な選択です。

d0359990_10355707.jpg
歴史に照らしても明白です。
そして、独裁者の最も低俗なところは、己れの意見に賛同しない者には、例え親兄弟でも虐殺する事である。
ましてや一般国民など、塵芥としか思わない性格は悪魔そのものである!
母なる女性の体内から生まれようと、悪魔の魂を宿したのは己れの選択である。

例えば、私の知る例で、口では敬語を使い、心では正反対の行動に出た者を私は知っている。

d0359990_11094216.jpg
これを繰り返し行うと、やがて魂は穢れ、自分でも制御不能な状況を自分が作り上げてしまう事が多々出て来ます。
そう成った時は、手遅れで末期状態に陥っていきます。

様々な犯罪者も同じ部類である。
自分さえ良ければの考え方、正に究極の我儘体質である。

普通の人々は、自身の痛みを理解し、他人の痛みを理解する時、その後の人生は実りあるものに変化します。

自己満足に生きるか?
達観した人生を生きるかは、全て自由意思である。

d0359990_13581590.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



[PR]
by masumi-inari | 2017-08-18 06:00 | 赤不動明王院便り

愛と平和

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


人を愛する事は尊い。
しかし、愛と我欲を混同する時、愛は失せ魂の意味も解らず生涯を過ごすことに成ります。

d0359990_16031957.jpg
女性は男性のオモチャでは無い。
男性は女性のスポンサーでは無い。
男女同権とは、互いがいたわり合い初めて成立するのです。

自己の主張を優先したいのであれば、男女共に独身を貫いた方がしあわせである。

しかし日本の現状は、今だ女性が涙する事が多いのが現状である。
私の元に寄せられる相談も、女性が泣いて居る事が大半を占めて居る。
嘆かわしい事である。

d0359990_17020576.jpg

しかし、そんな場合でもご安心下さい。
カルマの法則《因縁》からは、逃げられ無いのである。
女性を泣かした男性には、必ず報いが参ります。

d0359990_17122256.jpg

また女性も同じで、男性を落としめた場合にもカルマの法則は見逃しません。
泣かせば泣かされ、奪えば奪われ、傷つければ傷つけられ、殺せば殺される、これが法則である。
何人たりともこの法則から逃れる事は、出来ないのである。

d0359990_17122557.jpg

但しある事を持ってすれば可能と言えますが、此処では書くことは出来ません《模倣、悪用を避ける為》
従って、泣かし傷つける事は、双方、何の得にもならない事を知るべきである。

一例を挙げれば、過去に美しい女性が居ました。
女性は自己の美貌を武器として様々な男性を騙し、ある男性は失意の内に自殺をしました。

その女性は男性の自殺から一年後に事故を起こし、顔の半面を見るも無惨に失い、その後の人生は惨憺たるものでした。
スーパーの店員にも採用されず、狂乱し強制入院させられその後は…。

d0359990_13500408.jpg

正に因縁である。
僅かな徳と虚栄心の為に取った行動が、後でとんでも無い結末を迎え様とは知る由も無い。
これを信じ様が信じまいが自由である。

男女問わず、キチガイ坊主の戯言と笑う方はご自由に。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




[PR]
by masumi-inari | 2017-08-17 06:00 | 赤不動明王院便り

平和の尊さ

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

平和は私達一人一人が築くものであり、与えられるものでは無いと考えます。

今、一番考えなくてはならない事は、平和を維持する事。
平和とは何かを考え、行動する時では無いでしょうか。

d0359990_13441075.jpg

当たり前な事など何も無い。
努力と理解無しには何事も継続する事など無い事を知り、まずは自分に出来る事をやる。

今の日本は平和です。
しかし、今から七十一年前《終戦》、事実上の戦争は終結しましたが、その瞬間から、一般国民は新たな苦しみを抱えねばならなかった事を知る人は少ない。

d0359990_13460257.jpg

①家族を戦火で失った苦しみ。
②就労先が無く餓死して行った人達。
③親を戦争で亡くした子供達がある子は餓死し、ある子は病に倒れ遺体は野ざらし状態。
④徴兵が終わり帰国した兵が家に帰っても、家は焼け野原、家族の安否もわからないまま数十年。
⑤生きる為に女性は身体を売り、蔑まれ性病に命を落とし。

まだまだ悲惨な現実を私は知っているが、痛ましくてこれ以上羅列する事が出来ない。

d0359990_13492210.jpg

昭和二十年代〜四十年代の日本変貌は凄まじかった。
最早戦後では無いと言い、景気に酔った。

d0359990_13492410.jpg

しかし、貧富の差は様々な悲劇ももたらした。
私達は忘れてはいけない。

物質的価値観は、自ら地獄を招く引き金に成ります。
學ぶ事を忘れずに、自身の魂と向き合い磨く時、あなたには解ります。
平和とは何かが。

d0359990_13521499.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝






[PR]
by masumi-inari | 2017-08-16 06:00 | 赤不動明王院便り

独裁者

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_13454687.jpg
今、一人の独裁者のわがままに世界が降り回されている。
歴史を見れば分かるが、独裁は悲劇しか生み出さ無い事を理解出来ない狂人が《北朝鮮》世界を震撼させて居る。
ミサイルは花火では無い。
自国内で何故おさまらないのか?
それは、戦中の日本政治を復習すれば誰にでも簡単に理解出来るであろう。

以下は、日本が軍国主義に邁進していた時の一部である。

思想統制、当時の警察は軍部の予備隊的存在である。
やる事と言えば、戦争に反対する者を危険分子として逮捕、拷問を繰り返していた。
国民は軍部の発表を鵜呑みにし、戦争に協力し無い者を非国民とさげすんだ。
正に今の北朝鮮である。

非国民
近現代の日本(とりわけ日清戦争からアジア太平洋戦争に至る時期)において、反国体的・反戦的な活動・言論を行う者や、政府の方針に従わない者などに対して、特定の思想・価値観に基づいて用いられてきた、強い憎悪・非難・侮辱などを含意する表現。

第二次世界大戦前

1925年制定の治安維持法に見られるように、戦前日本においては国体または私有財産制を否定するような結社およびそれを支援するような言動が違法化され取り締まりの対象となっており、実質的に思想・信条の自由に大きな制約があった。

第二次世界大戦中に、戦争遂行に協力しない・不十分な者、果ては生活に不満を漏らす者などに使用され、他にも不満や欲求の表明を抑圧するような各種標語が唱えられた。

(例:「日本人ならぜいたくは出来ない筈だ」「欲しがりません勝つまでは」「贅沢は敵だ、まず不服を言いますまい」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」「お前は日本人か、その姿で」など)。

戦時体制に順わない者・具体的に反戦を唱える者は近隣住民から「非国民」呼ばわりされ迫害されることもあった。

Wikipediaより引用

拉致連行は誘拐である、と何故日本は言わないのか?
それは、日本でも過去に同じ事をして来たからである。
朝鮮人、中国人を強制連行して炭鉱や危険労働に駆り出した過去があるからです。

拉致
ある個人の自由を奪い、別の場所へ強制的に連れ去ること。
連れ去り。
直ちに身代金を要求することを目的とせず、また別の土地に連れ去る行為で、誘拐の一種である。
特に、ある国家や組織が、政治的・軍事的な理由により行う誘拐を指すことも多く、それが二国間で行われた場合は戦争と見做すことがある。
Wikipediaより

だからと言って北朝鮮の蛮行が容認されるわけでは、断じて無い。
しかし、戦争で解決など無い事を私達も考えるべきでは無いでしょうか?
全てを政府だけに任す時、日本も過去を忘れ蛮行に走る危険性があります。

d0359990_18515887.jpg
国民は国の番人成り。が私は正しいと考えます。
悲劇を繰り返さない為にも、今、私達は関心を持ち、話し合う時では無いでしょうか。
未来の子供達の為に平和を考え、論ずる時では無いでしょうか?

今の日本には、まだ言論統制は確立されて居ません。
しかし、私達がこのまま無関心を続ければ、必ず言論統制に始まり、思想統制が現実化されるでしょう。

d0359990_11081381.jpg
そんな時代を作らせ無い様にするには、私達が考え、行動する事なのです。
過激な事などする必要はありません。
自らが考え、家族と話し合い仲間と話し合い、輪を広げる事が最良と考えます。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

「人間は自然のなかでもっとも弱い一茎(ひとくき)の葦にすぎない。だが、それは考える葦である」
7世紀フランスの思想家パスカルのことば。
彼は代表作『パンセ』の冒頭で、こう述べています。

広大無辺な宇宙に比べれば、人間は無に等しく、「一茎の葦」のごとく弱く悲惨な存在にすぎないが、それは「考える葦」であり、思考によって「宇宙を包む」ことができる。
ここに人間の尊厳があり、偉大さがあるという。
このような偉大と悲惨、無限と無という相矛盾しあう二律背反のなかで、揺れ動く人間の存在を、パスカルは「考える葦」ということばで象徴させているのである。
なお、この句は聖書の「傷ついた葦」(「イザヤ書」「マタイ伝福音(ふくいん)書」)に由来する。[香川知晶]

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より引用

私たちは弱く小さな存在かもしれません。
ですが、弱いがゆえに考え、話し合い、知恵を分かち合う時に強くも賢くもなれる存在です。
パスカルが言ったように、思考によって世界を包むことの出来る偉大さを秘めています。

弱く悲惨なままの存在でいるのか、自分の、そして隣人の尊厳を守れる知恵を身に着けるのか。
それは私たちひとりひとりに掛かっています。

感謝合掌
後藤慈優




[PR]
by masumi-inari | 2017-08-15 06:00 | 赤不動明王院便り

荼枳尼天完成

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_11153347.jpg

私の弟子として、長年、精進を重ねて来た者が一念発起して荼枳尼天本尊を迎える運びに成りました。

荼枳尼天
仏教の神(天)
「荼枳尼」という名は梵語のダーキニー(Ḍākinī)を音訳したものである。
荼吉尼天、吒枳尼天とも漢字表記し、吒天(だてん)とも呼ばれる。

荼枳尼“天”とは日本特有の呼び方であり、中国の仏典では“天”が付くことはなく荼枳尼とのみ記される。
ダーキニーはもともと集団や種族を指す名であるが、日本の荼枳尼天は一個の尊格を表すようになった。
日本では稲荷信仰と混同されて習合し、一般に白狐に乗る天女の姿で表される。剣、宝珠、稲束、鎌などを持物とする。

戦国時代には、各地の武将が城鎮守稲荷として荼枳尼天を祀るようになる。
武将たちの生命のかかった城に祀られる稲荷は、怨敵退散を祈願し闘戦に勝利するため荼枳尼天が大部分だったと考えられている。

近世になると荼枳尼天は、伏見稲荷本願所(愛染寺)、豊川稲荷(妙厳寺)、最上稲荷(妙教寺)、王子稲荷(別当 金輪寺)のように、憑き物落としや病気平癒、開運出世の福徳神として信仰される。
俗に荼枳尼天は人を選ばないといわれ、誰でも願望を成就させると信じられたため、博徒や遊女、被差別階級等にも広く信仰を集めた。

明治政府が成立すると神仏分離政策を受け、それまで全国の寺社に荼枳尼天を勧請していた愛染寺は廃寺となり、伏見稲荷で荼枳尼天を祭祀することは途絶えた。
また荼枳尼天を祀っていた稲荷社も多くは宇迦之御魂神などを祭神とする稲荷神社となった。

Wikipediaより引用


d0359990_14264097.jpg
胎蔵曼荼羅・外金剛部院の荼吉尼衆。外金剛院・南方に配せられる
画像はWikipediaよりお借りしました


此れには、大変な苦労がありました。

何故か?
お迎えする荼枳尼天尊像が普通の尊像では無いのです。

d0359990_22195260.jpg

台座を外しても、重さ三キロを超える純銀製であります。
純銀製の仏像はありますが、重さ三キロを超えるものは私も初めてです。

純銀製の仏像は、《真言八祖の第五祖、善無畏三蔵が翻訳した経典》に基づいて私が各職人に造らせた荼枳尼天尊像であります。

密教部〈2〉蘇悉地経・蘇婆呼童子経・十一面神呪心経 (新国訳大蔵経)

三崎 良周,林 慶仁/大蔵出版

undefined


そして、生涯の夢と心に誓い、精進を重ねて来たのが私の弟子である女性行者なのです。
男弟子でも中々なし得ない快挙を、女性の身が成し遂げたのです。

コツコツと働き、切り詰め、夢だった尊像を迎える事は、並大抵な事ではなかったと私は察します。

今後は、祭主としての苦労はあるでしょうが、応援して下さい。
私も出来る限りの尽力をし、弟子の夢を実現させてやりたいと考えます。

荼枳尼天尊像は、現在、最後の仕上げ段階に入って居ります。
開眼供養の折には、皆様にお披露目を兼ねて公開する予定です。

その後は、皆様の願意を叶える尊像として安置されます。

d0359990_14471705.jpg

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝
師僧を始め、全国各地で御活躍の一流の職人さまたちのお力をお借りすることが叶い、私の生涯の祈祷本尊である純銀製の荼枳尼天像が完成致しました。
本当にありがたく、胸がいっぱいです。

私の行と夢、そして目標の為に最大限の叡智と技術で応援してくださったすべての方に、心より厚く御礼申し上げます。

仏門に入るまでにも、様々な行をしてきた私ですが、私の人生の筋書きはここにたどり着くように薄く鉛筆書きされていたのかもしれません。
それは私が「選ばれし特別な者」だからではなく、今生、この世界に生かさせて頂く上での學びがこの道にあったからなのだと思います。

荼枳尼天尊、お稲荷さんといえば、一般の方にとっては「商売繁盛・出世・開運」。
わかりやすく即効性のある現世利益のご神仏。
あるいは「一度手を合わせたら生涯拝み続けないと恐ろしい目に遭う怖いご神仏」というイメージなのではないかと思います。

私もずっとそんな風に思ってきましたが、調べていくうちに、それはご利益・ご仏徳の一部分であり、実はそれ以外にもあると分りました。
そして、そのことがなぜ私が密教へ?という疑問と重なってきました。

これまで、何かわからないことを調べると、答えに出会ってスッキリ。という事が殆どでした。
が、こと密教に関しては、調べれば調べるほど深い森の中に彷徨い込むよなうな感覚があります。

ですが、荼枳尼天さまが私を選んでくださったという事を心の灯明とし、ご本尊さまの元これからも修練を重ねていく所存でございます。

ふつつか者ではございますが、皆様方におかれましては今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

感謝合掌
後藤慈優





[PR]
by masumi-inari | 2017-08-14 06:00 | 赤不動明王院便り

言語と文字

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

地球上には様々な民族が存在します。
そして様々な言語があり、様々な文字が存在します。

d0359990_14250300.jpg
では何故、共通言語が《世界共通では無いのか?》存在し無いのか。
巷では、英語があたかも共通言語と思われがちであるが、英語の歴史を考えて下さい。
僅か二百年位の言語であります。

では何故、英語が台頭して来たか?
其れは、経済の円滑性に伴う利便性に他ならない。

d0359990_14250339.jpg

例えば、私達の住む日本に於いても、北と南の人が方言で話したとします《通じません》
風土も文化も異なる人が、同じ必要は無いのです。

但し尊重し合い、互いが認め合う時、其処に有るのは相互理解である。
相互理解無くして、平和はありません。

友達同士でも同じです。
自身の主義主張を全面に押し出し、迫る者に調和は存在しません。

d0359990_10250625.jpg

そして、文化は、文字を生み出し意思の疎通を円滑にしました。
文字は文化であり、文字を持たない文明は存在しません。
文字は、私達に様々な知恵をもたらし、智性、理解、理性を育んで来たのです。

d0359990_14250442.jpg

野蛮人は文字を拒否し、蛮行を繰り返し、やがて滅びます。
今、戦争を容認するようであれば、野蛮人と何ら変わりが無い《愚者は経験に學び、賢者は歴史に學ぶ》

d0359990_14250464.jpg

私は本が大好きです。
本は《文献》様々な知恵を私達に与えてくれます。

私達は其れを正しく理解する能力を身につけ、明日に向け學ぶ時では無いでしょうか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




[PR]
by masumi-inari | 2017-08-13 06:00 | 赤不動明王院便り

日本の言葉

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

今、日本の言語は壊滅に瀕して居ると考えます。
カタカナ言葉、ヤンキー言葉、《言語の乱れは国の乱れを現します》

d0359990_14091197.jpg

昔から言葉には魂が宿る《言霊》と言われて居ります。
また、音にも魂が宿る《音霊》と言われて居ります。


美しい言葉、美しい音、音と言えば音楽を連想されるでしょうが、違います。
河のせせらぎ、波の音、皆優しく響きます。

d0359990_14091242.jpg
d0359990_14091203.jpg

また、日本人が愛した音、例えば私が好きな水琴の音などは、夏の暑さを和らげる効果があります。

d0359990_14091178.jpg

そんな美しい音に囲まれて育った子供たちには、無邪気を感じます。
無邪気、邪気に支配された大人。

語も音も美しいと理解出来なく成った時、人は互いに傷つけ合い、殺し合うであろう。
そうならない為にも、學びが大切です。

d0359990_14091108.jpg

學ば無くては、何事も身につけられないのは当たり前の事です。
人間界でいく歳を重ね様が、學びを拒否する者に成長は無い。

私の好きなお婆ちゃんは、学校には行けなかったご自身の境遇を恨む事無く、ご自身で學ばれて居られます。

學びは、自身の宝。
例えば他人に物を貰い、返せと言われれば返すのが道理だが、この世に返せと言われても返さ無くても良いのは、學び。
また返したと言ったところで証しが無いのも、唯一學びだけでは無いでしようか。

d0359990_14091073.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



[PR]
by masumi-inari | 2017-08-12 06:00 | 赤不動明王院便り

理性と行動

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_13453479.jpg
理性とは、人間が持ち合わせて居る感情であります。
が、理性を失い本能のままに生きる時、人間は人間の尊厳を失い獣人と化し、傷つけ破壊する事に終始します。

先の戦争で核兵器の恐ろしさを知って居るはずの人類が、未だ核を手放そうとし無いのは正に愚行以下の所業である。
北朝鮮とアメリカが武力衝突をすれば、日本も只では済みません。

d0359990_13454687.jpg
最早、対岸の火事では無い事を、私達は知るべきと考えます。
皆さんは、日本に核施設がどれだけあるかご存知ですか。

d0359990_13453428.gif
画像お借りしました

例えば戦争に成り、核施設が標的に成った事を想像してください。
ただ一発のミサイルが核施設に命中したらどうなるか?
未だ終息を見ない原発事故を、私達は知って居るはずです。

平和も家庭も、ただ黙って居ては築けるものではありません。
汗と努力が其処に有るから守れるのです。

あなたの家族を守るのは、あなたしかいないのです。

d0359990_13453405.jpg

そうは、言っても何も出来ないとお考えの方々に一言。
祈りは、霊的防御です。

霊的防御こそ、我々皆に平等に存在します。
何も出来ないでは無く、しないだけではないでしょうか。

家族や愛する人達の為に祈る事は、平和を祈る事に繋がります。
正しい祈りは、簡単です。
私達が幼い頃、持っていた心を思い出して下さい。

d0359990_13453359.jpg

其処には、無邪気があるはずです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



[PR]
by masumi-inari | 2017-08-11 06:00 | 赤不動明王院便り

師弟

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

私が師僧に巡りあったのは、父母と死別し憔悴して居た頃。
私は各地の寺を巡り、生きるとは、死とは、について模索して居た頃、一人のご住職にお目に掛かり、お話しを頂戴し目が覚めました。
その後、弟子入りし、内弟子として學ばせて頂きました。

d0359990_13010849.jpg

師僧は私に沢山の事を教えてくださいました。
右も左も分別がつかない私を叱り、導いてくださいました。

師僧は全ての教學をおさめ、聴いて答えられない事が無いほどの学者肌でした。

私が密教に傾倒し出した頃、師僧が私に言った言葉が、行くは地獄ぞ。
しかしその言葉の真意は、私に寺を継がせてやりたいの心があったのです。

d0359990_13013496.jpg
若い私は、師僧の心中を察する事が出来ない若者《馬鹿者》でした。
私は寺を後にして密教の道に入り、様々な迫害も受けましたが、公明な大徳、師僧に恵まれ、修行に励むことが出来ました。

今も尚、教えを頂戴して居ります。
密教の教えは深遠であり、これで良いと云う事はありません。

今の私は赤不動明王院の院主《単立寺院》
まだまだ學ぶ事は山積ですが、御本尊様を慕いついて来る弟子たちの為にも、私はまだまだ頑張らねば、と想いを新たにして居ります。

d0359990_13022617.jpg

道は進まねば、進歩も後退もありません。
私の残された人生で、どれだけの事が出来るか分かりませんが、弟子たちに伝えられる法を増やし《解読》精進して参ります。

これからも、大徳、高僧のお手を煩わす者でありますが、密教を多くの方々が學べる學舎を建立するその時まで、弛まぬ努力を続けて参ります。

d0359990_13063988.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





[PR]
by masumi-inari | 2017-08-10 06:00 | 赤不動明王院便り

戦争と平和

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_10355867.jpg
d0359990_10355960.jpg

戦争とは人類にとって最も愚かな行動である。
戦争をしたがるのは何故か?
戦争で儲ける企業があるからである。

d0359990_10355900.jpg
d0359990_10355707.jpg
d0359990_10355909.jpg

いわゆる武器商人である《日本企業も例外では無い》
戦争は国を滅ぼし、やがて地球を滅ぼします。

d0359990_10355734.jpg
d0359990_10355880.jpg
戦争という愚行は、我が身を滅ぼし他をも滅ぼし全てを滅ぼすのです。

d0359990_10355957.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




[PR]
by masumi-inari | 2017-08-08 10:00 | 赤不動明王院便り