眞澄稲荷日和

masumiinari.exblog.jp

金剛山赤不動明王院 眞澄稲荷社

カテゴリ:密教Q&A( 8 )

梱包の仕方を画像にしてみました。

【用意するもの】
・レターパック2枚(1枚は返信用)
・半紙(仏さまを包みます)
・梱包材
・セロハンテープ
・ラベルシール
・サインペン

d0359990_22010884.jpg


シールにサインペンで自分の名前を名前を書きます。
それを香合仏のサイズに合わせてカットし、貼り付けます。

d0359990_22012619.jpg

半紙に包んでセロハンテープで留めます。
d0359990_22013809.jpg


梱包材に包んで、セロハンテープで留めます。
d0359990_22015357.jpg

返信用レターパックを二つ折にしたものと、梱包材にくるんだ香合仏をレターパックに入れます。
あとはポストにイン(^^♪
ご供養料を永作先生のゆうちょ口座へお振込み下さいね。

d0359990_22021020.jpg
※ちなみに、私は初めて香合仏をレターパックで送りますが、木の聖天さまも小さいのでレターパックで送れるような気がします。

d0359990_22023211.jpg
ね?
木の宇賀神さまはダメですけどね…。
なるべく小さな段ボール箱で送って差し上げて下さい。
スキマを埋めるのに新聞紙を使いたくなる気持ちは重々わかりますが…、新聞紙はやめて差し上げてくださいm(__)m
梱包材にてお願い致しますm(__)m


[PR]
by masumi-inari | 2017-07-04 07:00 | 密教Q&A

灯籠供養とは


d0359990_11110374.jpg
灯籠供養について、様々なご質問を頂いておりますので、Q&Aの形式でまとめてみました。

あなたの疑問がこちらで少しでも解消できましたら幸いです。

Q1)代替わりをしたり、申し込みをした自分が他界した場合、供養はどうなりますか?
中止することは可能ですか?

A)灯籠供養は永代供養となります。
ですから、代が変わっても、ご申請者さまが帰幽されても、変わらずご供養させていただます。
一度お申込みになられますと、春と秋の彼岸、盂蘭盆会の供養をお申込みになられる時以外、管理費等の名目でご請求をすることは一切ございません。

Q2)私は独身で子供もおりませんが、自分が他界したあと、誰も家を継ぐ人間がいないのに、申込してもいいのでしょうか。
A)たとえ継ぐべき子孫がいなくても、ご先祖さまがいなくなることはございません。
赤不動明王院が存続する限り、寺の代替わりの際には供養が継続されるよう、きちんと申し送りを致しますから、どうぞご安心ください。

Q3)水子供養をすることは可能でしょうか?先祖代々の供養と一緒にすることは出来ますか?
A)もちろん、灯籠供養で水子のご供養をすることは可能ですが、先祖代々の供養と一緒にすることは出来ません。
水子の供養の為だけに灯籠供養を申し込まれることは可能です。

Q4)先祖代々の供養は墓のある菩提寺にお願いしておりますが、赤不動明王院で別に先祖代々の灯籠供養をしても差し支えないものでしょうか。
A)問題はございませんし、多くの寺でご供養されることによって、ご先祖さまもお喜びになられると存じます。

Q5)灯籠供養を申し込んだ者です。供養が済んだらご連絡頂けますか?
A)灯籠供養は、「永代」として承っておりますので、365日毎日基本的にご供養申し上げております。
年に三回の特別な供養(春の彼岸・盂蘭盆会・秋の彼岸)の際には、お申込みいただいた場合は蝋燭をたててご供養させて頂きます。
が、それ以外の日も日々、ご供養致しております。
寺が存続する限り、ずっと続いて参ります。

Q6)先祖とは自分の生家のことを指しますか?養子に行った場合はどうなるのでしょうか?
A)苗字・名前というのは、この世での個体識別番号であり、戸籍でも血縁でも先祖であることには変わりがありません。
また、自分が生家から離れ、養子に出た場合は、生家も先祖・養子に行った先も先祖となり、ご縁が倍に増えてめでたい事・嬉しい事として、仏教では考える。と教わりました。

Q7)灯籠供養と蝋燭供養との違いって何ですか?
A)簡単に言えば、蝋燭供養は、「蝋燭が燃え尽きるまで」の期間限定のもの。
それに対して灯籠供養は「永代」のご供養。です。
灯籠供養(祈願法)は、その時々で「〇〇さまの病気平癒」「〇〇さまの良縁成就」「〇〇さんの合格祈願」等に的を絞ってご本尊さまに願意を届けるものとなります。
灯籠供養をお申込みいただいた方には、その期間限定のものである祈願用の百目蝋燭を返礼品としてお付け致しております。
d0359990_08242897.jpg
赤不動明王院護摩堂にて、蝋燭供養法の実際。
このように祭壇の前で百目蝋燭を灯しております。






[PR]
by masumi-inari | 2017-07-01 14:00 | 密教Q&A
最近、弟子にならないか?と師僧からお声掛けされた方が私へこのようなお問合せをされることが、以前にもまして増えました。

・弟子になったら勤めを辞めなくてはいけないの?
・強制的に寺を持たせられるの?
・毎月の上納金を納めなくてはいけないの?
・親や兄弟に弟子となったことを言わなくてはいけないの?
・子供の学費や住宅ローンを抱えていても大丈夫?…etc


また、私の行者ライフブログをご覧になって、非常に不安を覚えられる方もいます。
…私はレアケースですm(__)m
全くもって参考になりません。

という事で、おとうと弟子といもうと弟子がそれぞれの弟子生活について書いてくれていますので、今日はそれを紹介させて頂こうと思います。

>将来行者コースの慈行さん
私は今年の1月21日に赤不動明王院の永作師僧様の下弟子入りさせて頂きました。

弟子入りして直ぐに「行が与えられる」とか、「伝授を授けられる」と勘違いしている人がいるかもしれません。

そうではないですよ〜!

霊能力がつく、特別な力がつく、等の期待もしない方が良いと思います(笑)


行の結果として、「御本尊様の道具として何らしかのお役目が授かる」かもしれませんが。

師僧様が判断して特別に行をお与え頂く場合もあるかとは思いますが。

基本的には、御神仏様をお迎えする。既にある方はお祈りする。

基本ベースは私の場合は「ブログで師僧様の原稿を記事にする事」が修行です。


師僧様が常々ブログに書かれていますが「學びなさい」。

學びとは「自分で納得させる事」です。

密教というタイトルですが、そこで出される原稿に対しての注釈や解釈は各自に任されております。

「自分で調べて、咀嚼して、考えて、記事にする」この行為が「學び」です。

この「學び」のステップが無ければ、次の段階には進めません。

(と私は思っています)

最初は「抽象的な原稿」に対して、どういう意味なのか?ここで何を学ばせたいのか?の「行間を読んで」自分なりに考えて記事にするのに2時間以上掛かりました。

(今でも1時間以上は掛かります)


密教なのに聖書も引用しています(笑)。

私は聖書の方が長いから。

ブログに書く事。これはスポーツで言えば、筋トレ、持久力をつけるためのマラソンです。

學びのない中で「行」をしても、意味がありません。

それは何故「行をしないといけないのか?」が分かっていないからです。

(行をして、結果信仰心が増すのであれば素晴らしい事です)


そして「信仰心が無いと」行をしても意味がありません。

(信仰心が育たなければ行をしても無意味かも。行とは「祈り」ですから)

法を「伝授頂く」のは時とタイミングがあります。

授ける側のタイミング。受ける側のタイミング。


師僧様が「⚪︎⚪︎法の伝授希望者は手を挙げる事」と言われて、手を挙げずにいたら「幸運の女神に後ろ髪は無い」のと一緒です。

だって次に同じ行や伝授があるかは保証が無いから・・・。

タイミングを自分で逃すのは「學び」を捨てる事でもあります。


「行をして何かが変わるか?」と聞かれればわかりません。

でも、私に言える事は「行をしなければきっとわから無い事がある」と思っています。

高い御神仏様をお迎えしなくても良いのです。経済的事情がありますから。

心の問題です。香合仏でも良い。写真でも良い。信仰心の問題だから。


お金を貯めてお迎えすれば良いだけです。

一番大事なのは「御祈り」です。

弟子入りした直ぐは熱い血がたぎっています。

でもそれを継続するのは単純に「日々の祈り」の積み重ねでしかありません。

そして「何の為に祈るのか?」を考えるのも「學び」だと思います。


弟子入りして「行が与えられない!」と嘆く前にやる事は沢山ありますよ。

私の初めての行は4月末の「虚空蔵様」ですから。

3ヶ月間はブログ記事を書き続ける事とお祈りする事でした。

記事を書くという事は、その先に読んで頂く信徒様やその他大勢の救いを求めている人がいる事。

これを意識して書く事が大切だと最近特に思います。



でも、行と言われても究極的には「祈り」です。

弛まず淡々と。長く続けるコツだと思います。


私が一番修行になっていると思うのは、実は「師僧様の原稿を記事にする事」です。

これほど学ばせて頂ける事は無いです。勿体無いです。

弟子と信徒の違いは、実はこの「生の原稿を見て自分で考える事が出来るかどうか?」かもしれません。


えっ!そんなの嬉しく無い?


一度ブログ記事書きを経験してみたら分かります。

ただし、一旦続けたら撤退の二文字はありませんが。

手を挙げ無いものにはチャンスも巡ってきません。

これは実社会でも同じですね。



d0359990_15534112.jpg


>日々の暮らしの中に學びを活かす仏弟子コースの慈葉さん

★弟子になったからといって、仕事を辞める必要はありません

赤不動明王院に弟子入りしたからといって、今迄の生活を変える必要は全くありません。

むしろ、今迄の生活のなかで起こった事、悩み、苦しみを振り返り、反省すべきは反省し、氣付きを得て、よりよい明日へ向かって歩いていくために「生きながらにして生まれ変わる」機会を与えていただいたのだとお考えください。


★強制的に寺を持たせられることはありません

前述の通り、慈優さんは特殊なケースです。
御神仏さまとのお約束を守るために、師僧の元で文字通り血反吐を吐くような厳しい修行に耐えてこられた結果、御本尊さまは「赤不動明王院分院:眞澄稲荷」を運営していくことをお許しくださいました。
この世界、御本尊さまのお許しが無いことは出来ません。
物事を運ぶ際、人間側の都合の良いようには進めることは出来ないのです。
寺を運営、管理していくことの大変さを、私達の師僧は誰よりもわかっておられます。
「将来は密教僧侶となり、自分も寺を持ちたい」という方は、その気持ちを真摯にお話しになれば、素質や適性を見てきちんと相談に乗ってくださることと思います。

★上納金はありません

月々に必要なお金というと、私の場合は有料メールマガジン「密教塾」の月謝代(月3,000円)だけです。

その他には、例えば御本尊さまへのお布施として、心ばかりのものなどをお送りすることもありますが、これは強制ではなく「私が感謝の気持ちを伝えたくて」やっている事です。
法の伝授を受けたときや、お取り計らいを感じられたときなど、タイミングは様々ですが自分に出来る範囲での事です。
師僧や先輩弟子から「今月は幾ら出せ」などと言われる事は、絶対にありません。


★親族に告知する義務はありません

私も主人や子供、実家の母や妹には、弟子になったことは言ってません。
それは、何も変わることがないからです。
話したい方は伝えればいいし、ちょっと言いにくいな、と思ったら内緒にしていても問題はないと思います。


★ローンや借金を抱えていても問題ありません

これも特に問題はありません。
弟子となり學んでいくために、借金の有無は関係ありません。
ただ、師僧への霊視相談や、御祈祷をお願いしたのに「ローンの支払いが厳しいから、お金がないから相談料・祈祷料は払えません」
これは絶対にやってはいけません。
人としての最低限のマナーではないでしょうか。
「弟子だから優遇されるはず、弟子になれば無料でやってくれるはず」
こういった考えは、甘えを通り越して図々しいことであると理解できない人はそもそも弟子のなかには居ないと思いますが、念のため。



お二人とも、貴重な時間を割いてのご説明、ありがとうございます。
そして私のなまけた修行ぶりで有名な?行者コースの日常は、このブログにある通りです。

・勤めをやめ
・自営業を始めたものの、その業務内容を全てやめ
・行者としての収入のみで身を立てる
・赤不動明王院からの経済的援助はなし←ここ誤解されていたり、誹謗中傷の元になっているようですので、念のため(笑)

一般の仏弟子になるということについて、私がどなたかからご質問を承ってお答えするときの言葉。
在家で仏弟子になるという事は、仏教の教えを自分の中に落し込んで、人生を豊かに育むこと。
そして、その自分の中に得た仏の智慧をもって親兄弟、友人、その他自分にご縁ある人との関係を大切にできるようになること。
それ以上でも、それ以下でもないと思います。


そして、戒名を授かっていないそのほかの方は、「信徒さん」というのが、檀家を持たず、葬儀をしない祈祷寺の呼び方です。
時々霊視相談や祈祷をご依頼されたり、念珠や仏像をお迎えになる方の事ですね。

明確なコースというものは存在していません。
が、便宜上あえて説明するのならば、

・行者コース(ほとんどない)
・一般仏弟子コース(戒名を授かったほとんどの方~慈葉さんがご説明になった通り~)
・信徒さま(お寺にご縁ある方)

と言えるかもしれません。


[PR]
by masumi-inari | 2017-05-28 15:00 | 密教Q&A

香合仏礼拝法

d0359990_21371859.jpg
参考画像:礼拝用香合仏へのお供え一例

聖天さまの香合仏で撮らせて頂きました。
蝋燭は、キャンドル作家あきこさまのところよりお迎えいたしました。
瓶に蓋付なので、出先にも持ち歩くことが出来ます。

※撮影のために香合仏は締めた状態ですが、拝まれる時には開けて蓋を後ろに重ねて立てかけて下さいね。
御霊が入っているご仏像は、仏さまが「撮影してもいいよ。ネットに載せてもいいよ。人に見せてもいいよ」と許して下さらない限り、基本やめておきましょう。

秘仏ならなおさらです…m(__)m

旅先のビジネスホテルのシングルに泊まったりするときは、私は部屋の湯飲みに水・そしてコンビニで買ってきたお菓子をお供えして礼拝しております。
瓶に灰を入れて線香を立てたらいいのかもしれませんが、していませんm(__)m
ただ、塗香は必携しています。

おちょこに、水・酒・そしてお菓子・ろうそく・電子香炉です。
もし出来たら、一輪挿しにお花をさすともっといいですよね。
ただ、決してこれが正解という訳ではありません。

普通の方はお線香を手向けられたらいいと思います。
うちは母が呼吸器疾患の為、線香NGです。

香炉の灰が残っていても匂いに過敏になるという…。
こちらの香炉の専用皿に刻みの白檀を入れて焚いたり、銀葉の上に薫物(印香・練香)を乗せてくゆらせております。
灰の始末が大変だ…または、匂いが残るのがダメという方は、電子香炉に印香か練香がいいかもしれません。

ちなみに私が使っている電子香炉です↓

電子香炉kioka Red

山田松香木店

undefined


これだけ別売り。

電子香炉kioka専用香皿

山田松香木店

undefined




*香合仏礼拝法*

合掌

三拝
オンサラバタタギャタハンナマンナノウキヤロミ
般若心経
オンサラバタタギャタハンナマンナノウキヤロミ
二拝
願わくば我らと皆と共に仏道をじょうぜんことを
終了



[PR]
by masumi-inari | 2017-05-24 18:00 | 密教Q&A

数珠の使い方

皆さまから、度々お念珠の使い方や数の数え方に関するご質問を賜っておりました。
もちろん、インターネット検索をすれば文字での説明にはヒットしますが、どうしても実際に手に数珠を掛けているところの画像を眼で見て確認したいですよね。

ということで、師僧に「数珠を使っている画像を下さい」とお願いしておりました。
ようやく、こうして皆様にご覧いただくことが出来ますことを、嬉しく思います。

d0359990_14143028.jpg

赤不動明王院にて、作成した念珠に力上げをしているところですm(__)m



数珠は計算機
数珠は、本来計算機なのです。
それが、進化し、現在ある様に様々な変化を遂げて来ました。
中でも、密教念珠は房を五色にし、地水火風空を表現することにより、密教の独自性を強調して居るのです。

今日は、簡単な数珠の計算方法を解説して参ります。

①数珠に手で触れて、分かる印を付けて、真言を唱えた回数を把握します。
②専用の念珠があれば、最高です。
③専用の念珠を持つことで、回数に氣を取られずに専念する事が出来ます。
④数珠の球を指先で、一つ弾いて一回とします。
例えば、十回でやめたい時は、十の球に目印の球を配置します。
印でも、大丈夫です。
⑤何故、印を付けるか?
回数に氣を取られて、本質を忘れ無い為の工夫なのです。
安心して念じ、集中するには、ただ一点に想いを込めて行う事が大切なのです。
また、それが雑念を寄せ付けない秘訣でもあるのです。


d0359990_14150089.jpg


d0359990_14152251.jpg

d0359990_14152751.jpg

d0359990_14153128.jpg

d0359990_14153652.jpg

d0359990_14154195.jpg


[PR]
by masumi-inari | 2017-04-17 18:00 | 密教Q&A

御札の祀り方について

d0359990_21471299.jpg

こちら、赤不動明王院の紙札です。
真澄のお客さまや、赤不動明王院の信徒さまから度々ご質問を賜るので、記事にします。

ご質問『お札はどのようにお祀りしたらよいでしょうか』

トイレだけはやめてください。

基本的に目線より高いところでしたら、どこにお祀り頂いても構いません。
もしも「最近トラブル続きだな」「嫌なことばかり起きる」といったご心配事があるようでしたら、玄関がオススメです。
木札が玄関口をにらむような向きでお祀りできればベストでしょう。

 
慈優より
師僧からこの回答を聞いたとき、私の脳裏に、お不動様が仁王立ちで立っていらっしゃるお姿が浮かびました。
そんなお家には(お部屋)には、おかしなものは入ってこれませんよね。
万が一侵入しても、たちどころに成敗されること間違いなしでしょう。
[PR]
by masumi-inari | 2017-04-12 18:00 | 密教Q&A
法具磨きのマストアイテム(^^♪

それは、仏壇磨きクリーナー。
仏壇磨き用の柔らかい布。
軍手。
そして…忘れてはいけないのが、古歯ブラシです。

この4つがあれば、あなたの法具はいつもピッカピカ☆彡

d0359990_10101026.jpg

古歯ブラシは、グリップ←グリップ言うな。の細かい彫りの部分に磨き粉が入り込んだものをこすり取るのに使います。

私の法具も、この目地のような部分に白く入り込んでなかなか取れませんでした。
ここだけ磨き粉ではなく、100円ショップやホームセンターに売れている「銀磨きの布」を使うのも手です。

私は100円ショップの銀磨きを、店頭にある分を全て買い占めましたが、あっという間に使い切りました。
ふ、不経済かも・・・。
小さいので、指輪とかペンダントトップを磨くのには良いですね。
ホームセンターにはもう少し大判のものもありましたが。

法具って、見た目きれいでも磨いてみるとゾッとするほど汚れてることがあります。
五鈷鈴なんて、外側を磨いただけで音の響きが変わるのですよ。
もちろん、拝む仏さまごとに音色も違いますが。

私は磨き粉をつける布と仕上げ磨き用の2枚を使い分けています。
手も真っ黒になりますから、軍手の用意もお忘れなく。

気持ちが落ち着かない時には、法具磨きに専念してみるのもいいかもしれませんね。

感謝合掌
慈優

[PR]
by masumi-inari | 2017-04-11 18:00 | 密教Q&A

祈祷の種別

祈祷の種類にもいろいろありますが、一体自分はどれを依頼していいのかわからない。
値段で選ぶなら個人祈祷だけど??

そんな方たちからのご質問にお答えさせて頂きますね。

d0359990_21471299.jpg

個人祈祷…護摩を焚かない祈祷です。
(祈祷終了後、お札等の発送をもって完了となります)

【お申込みにあたって必要な情報】
・ご依頼者または祈祷を依頼される方のお名前・生年月日・ご住所
・ご依頼者または祈祷を依頼される方のお写真
・お相手のある場合は、その方のお名前・生年月日・ご住所(わかる範囲で)・お写真
・願意

ご祈祷料:16,200円

d0359990_21471414.jpg

専願護摩…願主さまのためだけに特別に護摩を焚きます。
(事前に供物等の準備があったり、日を選ぶことも必要となりますので「申し込んで振込みが済めばすぐ祈祷」という訳にはまいりません。
少しお時間を頂戴することになりますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
お申込みから一週間程度準備に時間を要します)

恋愛成就、安産祈願、縁切り、商売繁盛、病気平癒など

【お申込みにあたって必要な情報】
・ご依頼者または祈祷を依頼される方のお名前・生年月日・ご住所
・ご依頼者または祈祷を依頼される方のお写真
・お相手のある場合は、その方のお名前・生年月日・ご住所(わかる範囲で)・お写真
・願意

ご祈祷料:32,400円

d0359990_21471733.jpg

宝剣祈祷…剣を使った祈祷も護摩を焚きます。
(事前に供物等の準備があったり、日を選ぶことも必要となりますので「申し込んで振込みが済めばすぐ祈祷」という訳にはまいりません。
少しお時間を頂戴することになりますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
お申込みから一週間程度準備に時間を要します。正式申込の順に祈祷致します)

【お申込みにあたって必要な情報】
・ご依頼者または祈祷を依頼される方のお名前・生年月日・ご住所
・ご依頼者または祈祷を依頼される方のお写真
・お相手のある場合は、その方のお名前・生年月日・ご住所(わかる範囲で)・お写真
・願意

ご祈祷料:54,000円

※専願護摩との違い。
剣を使った祈祷では主に「自分の中にある運気の悪いものを斬り捨てる」という意味が加わります。
・弱気があるために仕事が続かない。
・仕事がor勉強がor試合に勝つ等。が、できる気がしなくて及び腰になっている。
・悪意や妬みに負けず何々する強さが欲しい。
・病気平癒など。

専願護摩でも病気平癒は承りますが、ここ一番…というときには剣を使った祈祷が良いかと存じます。
尚、こちらは専願護摩より更に高額ですが、これにはきちんとした理由がございます。

祈祷に真剣を使いますと、邪気等を刀が吸って錆びてまいります。
そのため、専門の研ぎに出さねばならず、その研ぎ代が入っている為です。
それぞれのご祈祷は、例えばですが、「母の病気平癒と自分の商売繁盛と縁談と近所との土地の境界線トラブルの解決を1回の祈祷料金でお願い」というのは出来かねます。

もしも複数のご依頼がある場合には、それぞれ別にお申込みくだされば祈祷をお受けすることは可能です。

ただいま祈祷は、本山である金剛山赤不動明王院にて師僧である永作僧侶が承っております。
ご依頼の際には、オーダーフォームよりお申込み下さいますように、お願い申し上げます。


[PR]
by masumi-inari | 2017-04-10 18:00 | 密教Q&A