2017年 12月 06日 ( 1 )

準備

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_16331221.jpg

何かを成そう、成し遂げようとすれば、必ず必要なのが準備である。
其処には、地味な努力の積み重ねがある。

一例を挙げれば、あの夏の花火は1年間の地味な努力の集大成と言えるであろう。

加持祈祷も同じである。
特に秘密修法ともなれば、法具類から誂えねばならない。

今、当院では、お正月の秘法の準備で大忙しである。
何故かと言えば、普段やらない大法を謹修するからである。

d0359990_16332391.jpg
正月の赤不動明王院

d0359990_16332643.jpg
正月の赤不動明王院

法具に至っては、密教好きの方でも見た事が無い法具がズラリと並ぶ事に成る。
全て特別注文で作った物である。
《密教塾で公開します》

護摩杓で言えば法輪杓に始まり、宝珠形の器、宝珠杵、高さ一尺の如意宝珠、その他、仏具、法具類は当院秘蔵の宝物である。

普段は一切、公開はしておりません。
今、次第書に基づき、間違えて無きよう準備中である。

d0359990_16332838.jpg
参考資料:法輪

何事も準備が重要であり、その日に向けて重ねて行くのである。
人間関係も同じで、積み重ねて行く事が肝要である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

簡単に成果の出るものは簡単にダメになることが多い。
簡単に成果の出るものは反動も大きい。
祈祷僧として、この二つは常に肝に銘じておかなければならないことだと教わりました。

昔から「継続は力なり」と言います。
継続=準備=鍛錬=努力
と私は理解しています。

師僧の密教僧人生の積み重ねの結果が、また新しい年の特別祈祷で形になるそうです。
楽しみでなりません。
ワクワクします。と答えたら「お前はただ楽しみにしているだけで済む身の上じゃねぇだろう」と言われました。

確かにそうですが、この世界奥に入れば入るほど、見たことも聞いたこともない何か素晴らしいものとの出会いが待っているのです。
遥か昔に志を立て、継承してきた一流の職人と密教僧の生きた証に触れることが出来るのは、やはり楽しみです。

努力なくして伝統は育まれません。
作り上げる努力、受け継ぐ努力、その重要性を世に表していく努力。
どれが欠けてもこの日は来なかったかと思うと、ご本尊さまのお計らいという言葉しか思い当たりません。

相当な密教通であっても見たことのない特別な法具をご覧になりたい方は、密教塾へお入りください。
月謝3000円の私塾です。







[PR]
by masumi-inari | 2017-12-06 06:00 | 赤不動明王院便り