2017年 10月 25日 ( 2 )


d0359990_18264644.jpg
眞澄稲荷の分け御霊さまをお迎えされた方から、感激のご報告が届きました。
私もとても嬉しいです。
早速ご感想を紹介させて頂きますね(もちろんご了承済みです)

荼枳尼天さまが、昨日いらっしゃいました。
あまりの品の良いお顔に見惚れました。それとともに緊張感が。
本当にいらして下さったんだなと。
お像は檜の香りもして清々しいです。

夕食を作ってたのですが、御安置して食事をして、お供物を買いに走りました。
今はカラーボックスに扉をつけてご安置しています。
一生懸命仕事をして、お厨子をお迎えしたいです。

のんびり長く信心していきたいなと思います。

本当に上品なお顔立ちですよね。
画像から見てもそうなのですが、実際にご尊顔を拝するとため息が出ます。

仏像にとって顔は命。
単に美醜ということではなく、「拝みたくなる顔」であることが重要です。

顔だけに限らず、御召し物、事物、手の位置、手の形、手の数、ご眷属さま。
そのひとつひとつに必ず意味があります。

物言わぬ教えの集大成が仏像なのだと私は思います。

ダキニ天さまとのご縁を、大切にこれからも育んでいっていただけますように。
ありがとうございます。





[PR]
by masumi-inari | 2017-10-25 20:00 | お客様からの手紙

願いを叶える

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_09401094.jpg

誰しも、自分の願いを叶えたいと考えるのは当たり前のことですが、中々難しいのが現実ではないでしょうか。

願いは様々。
人によって違うでしょう。
努力して叶えられる願いもあれば、努力だけでは叶わない願いも存在します。
しかし、最初から諦めて居たのでは叶う願いも叶いません。

d0359990_09401239.jpg

例えば恋愛。
これは相手が居なくては出来ない。
出会いが必要である。

出会いは求めるだけで実現しますか?
これには縁が必要である。
縁とはどうすれば得られるのか。
引き寄せる心である。

容姿、学歴、金銭に引き寄せられる縁には注意が必要である。
上記は打算であり、結果は見えて居るからである。
本物の縁とは、學び合いである。

富める時も病める時も、互いをいたわり共に生きる。
そこに愛が育まれます。

d0359990_15001336.jpg

密教には、古来より様々な秘法が存在します。
願望を達成し、新たな境涯に至る為に用意されて来た。と言っても過言ではありません。

悩み苦しみ、もがく中に安心は得られず、安心の中こそ真理があるのです。

当院では様々な相談を受け、日々活動が活発化しております。
一人で悩み苦しむ前に、相談してみては如何でしょうか。

d0359990_19153472.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

恋愛も婚活も「相手に求める条件」というものが、少なからず誰の心の中にもあるでしょう。
それは同じ趣味を持つ人がいい、といった感性の調和を求めるものから、収入はいくら以上で~といった生活の質を相手の経済力に依存するもの、人から羨ましがられたい、誰かを見返したいという自己中心的で虚栄心に満ちた虚飾に満ちたもの…と様々です。

出会った当初の興奮状態は遠からず冷めます。
容姿は衰えます。
若かった人も年老いて病気のひとつもします。
稼ぎが良くても、このご時世、いつリストラされるかわかりません。
また、脱サラして商売をしたい、選挙に出たい、など、安心しきっていた安定した生活を、いつ相手がやめると言い出すかわかりません。

当たり前に存在し、当然継続して存在すると思っていた何かがなくなったとき。
相手はどうするのか。そして自分はどうするのか。
人の目を気にしたリ、相手に依存することありきでパートナーを選ぶことの愚かしさに気付くでしょう。

たとえ状況が変わっても色あせない「その人の中にある価値」とはなんでしょう。
それを自分が見つけることができた人こそが、あなたにとって運命の人なのではないでしょうか。

今日もありがとうございます
感謝合掌

後藤慈優





[PR]
by masumi-inari | 2017-10-25 06:00 | 赤不動明王院便り