2017年 10月 11日 ( 2 )

ひたすら真言を唱え続ける行。
それが虚空蔵菩薩求聞持聡明法(仮)

虚空蔵菩薩さまには色んな種類があります。
正しくは、虚空蔵菩薩の五つの智恵を5体の菩薩像で表した五大虚空蔵菩薩さまといいます。


法界虚空蔵菩薩尊 
【智慧】解脱=迷いから脱却させる【五智如来の変化身】大日如来

金剛虚空蔵菩薩尊 
【智慧】財産・福徳【五智如来の変化身】阿閦如来

宝光虚空蔵菩薩尊 
【智慧】能満=願いを叶え、満足を与える【五智如来の変化身】宝生如来

蓮華虚空蔵菩薩尊
【智慧】施願=願い事を実現する【五智如来の変化身】阿弥陀如来

業用虚空蔵菩薩尊
【智慧】無垢=汚れを離れた正常な状態にする【五智如来の変化身】不空成就如来

この行は、まず自分のご本尊さまを写仏することから始まります。

描かせて頂いているときに心の中に変化が生まれました。
『すべては光であり、ありがたい』という気持ちになったのです。
仏画を描いていると、今より観想がもっと上達するかもしれません。

d0359990_10542568.jpg

という感じで1日3000回、虚空蔵菩薩さまのご真言を唱える日々が続いております。

この行を始めたのは2017.04.28です。
今日10.11でちょうど167日目。

1日3000回×167日=501,000回唱えたことになります。

が…。
母の乳がん手術で、どうしても1000日行以外のご本尊さま、孔雀明王さま、ダキニさま、宇賀神さまの行だけで精いっぱいな日がありました。
行+庫裡+家事+仕事+介護=game over。
在家の限界突破しました💦

手術中とか精密検査中などは、廊下や病室で真言を唱えていたのでいいのです。
病院の行き帰りのバスの中、買い物に行く道中なども、真言は唱え続けています。

1000日行は、手術の前、手術の日、その翌日の分は前もって行をすることで振替させて頂きました。
ですが、「ご家族さまも同席下さい」だの「ご家族さまにお話があります」だのという日は、どうにもこうにもなりませんでした。

よって、6日分ブランクが発生しています。
そこで私は、目下その出来なかった日の3000回を毎日の行に負荷しているところです。



[PR]
by masumi-inari | 2017-10-11 14:00 | 眞澄稲荷便り

想像力の欠如

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_17565401.jpg

高速道路で車を止めてケンカを売る。
それがどんな結果を生むか、考え無くとも普通の思考力を持ち合わせて居れば、簡単に解るはずである!
そして幼い子供を残し死んだ両親。

多くの人達の人生を狂わした結果をどう償う?
償いきれるわけが無い!

一時の感情に溺れた結果は、大惨事を残した。

正に想像力の欠如である。
普通に放念し、理性で抑えて居れば防げた事である。

今年6月、神奈川県の東名高速で「追い越し車線」に止まっていた車に後続車が追突し、静岡県の夫婦が死亡する事故がありました。
夫婦は事故の直前に注意した車に高速道路上を追いかけられ、無理やり「追い越し車線」に止められた疑いがあることが分かりました。

この事故で、ワゴン車を運転していた静岡県の**さん(当時39)と夫の**さん(当時45)が死亡しました。
**さん夫婦の車には長女と次女も乗っていて、2人は軽傷でした。

このうち長女がJNNの取材に応じ、「事故の直前、パーキングエリアの出口をふさぐように止まっていた白い乗用車に注意したところ、高速道路上を追いかけられ、無理やり追い越し車線に止められた」と話しました。

「猛スピードで白い車が追いかけてきて、さっき怒った車だってことが分かって、ちょっと逃げようとしたんですけど、車を前につけられてどうしても止まらなくてはいけないふうになってしまって、(男性が)車から降りて急につかみかかって(お父さんが)胸ぐらつかまれて、さっきのはけんかうってるのか、調子乗るんじゃねーよとか、高速道路にお前投げてやろうかとか」(**さんの長女)

事故が起きたとき、白い乗用車は追い越し車線で**さん夫婦のワゴン車の前に止まっていて、運転していた男性は重傷でした。

男性は、取材に対し「パーキングエリアで邪魔だと言われ、けんかになった」とトラブルがあったことは認める一方で、「高速道路で追い抜いたらあおられたので、止まれという意味だと思い、止まった」と反論しています。

この事故について、警察は慎重にいきさつを調べています。


TBSの動画ニュースサイト TBS NEWSより


昨今、想像力の欠如としか思え無い事で発生する事件、事故は増加の一途を辿って居る。
最早、異常事態としか言え無い現状を、皆さんはどうお考えですか?

私は、魂の劣化と考えます。
抑えきれない感情はケモノと同じである。

人間には理性と知性があるはずだが、結果は理性も知性も感じられ無いのが今回の事件である。
北朝鮮の狂人と何ら変わりが無い。

d0359990_13245081.jpg

他に波及する問題をも無視して、自身の怒りの感情のみに生きる馬鹿者である。
想像力の欠如は魂の劣化を呼び、やがて、他を巻き込んで悲惨な結末を迎える事に成るで在ろう。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

昨今、日常の様々な場面で、自分の感情を抑制できない為に事件、事故、身近な人間関係の不調和が増えているように感じます。
怒りの感情は、他の感情に比べて暴力と結びつく恐れが非常に高く、危険です。

ゆえに、一人前になる前に、私たちは自分の感情をコントロールすることを学んできたはずです。

もし不幸にして、イライラした時にどうやって平常心を取り戻すように努力したらよいのかわからないとしたら…。
私が調べたところ、こんな方法があるそうなのでご紹介致します。

1.イライラを点数化する
自分のイライラ、怒りに10段階評価で点数をつけてみる。
本当に自分が何に対して強く怒っているかわかる。また、本当は怒る必要もないことに怒っているかということがわかり、点数の低いイライラ、怒りにいちいち振り回されずにすむようになる。

2.イライラを書き出す
なんとなくイライラするという漠然とした意識を正確に理解しコントロールする。
・ 書くことで漠然としたイライラ、怒りを正確に理解できるようになる
・ 書く作業で頭を冷静にできる      
・ 書くことで対策、対処法を用意できる
・ 書くことで客観的になれる 
・ 書くことでイライラ、怒りのパターンがわかる。

3.イライラに優先順位をつける
イライラにどれくらいのエネルギーと労力を配分するかの優先順位をつける。
優先順の高いものには立ち向かい、優先順位の低いものは無視する、鎮(しず)める。

4.いろいろな価値観を楽しむ
人の価値観は十人十色。他の人の価値観を受け入れよう。
他の人の価値観を楽しんでみよう。世界は面白い、興味深い人だらけになります。
「なぜ?」という代わりに「へぇ、ほぉ、わぁ(感嘆詞)」を頭につけるようにしてみる。

5.魔法の呪文を用意する
イライラしたときに自分の気持ちを落ち着かせる魔法の呪文を用意する。
「大丈夫」「降りやまなかった雨なんてない」「これはチャンスだ。成長できるぞ」等々心理学でいうセルフトーク。気持ちを落ち着かせたり、励ましたりするのに効果的。

6.呼吸を大きくゆっくりする
イライラすると、危険対処のため、頭に血がのぼり、緊張状態になる。
鼻から息を大きく吸い、頭の中で4秒数え、今度は口から大きく吐き、4秒数える。
呼吸を大きくゆっくりすることで、身体の緊張をほぐすことができる。

7.準備計画しておく
イライラするパターンは決まっている。イライラを書きだし、パターンを見つける。
予想できるイライラには、それに備えてイライラしないようになる計画・準備をする。

8.白黒つけない
世の中の多くのことは白黒がつかないものとして、現実をそのまま受け入れる。
無理やり白黒つけると、考え方にゆがみがでる。現実を事実として受け取る。

9.80点で満足する
完全主義をやめる。完全主義はマイナス点ばかり気になり、現状に満足できない。
何が足りないかに目を向けるのではなく、今何ができているのかに目を向ける。

10.なんでも褒めてみ
イライラする対象をけなさず、逆に褒めてみる。徹底して褒める。逆の視点で見る。

11.その場を離れる
冷静になるための退却戦略。
その場を離れたら、散歩・深呼吸・軽い体操などリラックスできることをする。

12.気分転換できるものを用意する
気分転換のスイッチを用意しておく。それがあることで自身・安心につながる。
アロマテラピー・ほっとする飲み物・笑える漫画・心がなごむ動画・気が休まる絵

13.過去と未来を考えない
今、この場所に集中する。過去を思い出していつまでもイライラしたり、次会った時にこう言ってやろうと報復を考えたりしない。

14.他人と比較しない
比較することで、自分のイライラを誰かのせいにしているため解消できない。
イライラの責任が自分にあることを認め、自分で鎮(しず)める。

15.理想の人を見つけて真似する
性格は創れるもの。イライラした時に理想の人はどう切り抜けるのか考えてみる。
理想の人のマネをしているうちにその理想の人の性格に近づくことができる。

16.嬉しかったこと、楽しかったことを書く
イライラしてどうしようもないとき、嬉しかったこと、楽しかったことを書いてみる。
そうすることで、イライラした絶望的な考えに支配された頭を切り替える。

17.成功体験を思い出す
自分が何かをうまくやりとげたこと、上手くいった時のことを思い出す。
失敗して、なげやりな気持ちから抜け出し、自信を取り戻し、勇気づけることができる。

18.体調を管理する
体調が悪いときはイライラしやすく、怒りの沸点が低くなる。自分の体調を自覚する。
怒りやすくなっていると警戒し、自分の苦手なもの、場所には近づかないようにする。
疲れている、身体の調子が良くない時は、身体を休め、意図的にリラックスする。

長い引用になりました。
参考に出来そうなものはありましたか?

むかし心理学を勉強していたとき、「男性は空腹時に、女性は生理中に犯罪を犯す率が高い」と學びました。
18の体調を管理する。はとても理にかなっていると思います。

また14は特に女性は気を付けたい事かもしれません。
男性と喧嘩をしているとき「あの時もそうだったじゃない」等と10年以上前のことを蒸し返したり、たった1回の些細な行き違いを心の閻魔帳に消えないマジックで黒々と書き込んで、ことあるごとに読み返したり、それを元に「この先もずっとこんな生活じゃないのかしら」と自分で自分の不安をあおったりすることが天性の記憶力の良さゆえにありがちな気がします。

アンガーマネージメントというものがありますが、1も自分を客観視するためには必要な作業ですね。
自分の怒りの沸点はどれくらいなのか、自己尺度を作って見つめることは、精神的に成熟した大人になるために欠かせないと思います。

今日もありがとうございます

感謝合掌
後藤慈優



[PR]
by masumi-inari | 2017-10-11 06:00 | 赤不動明王院便り