2017年 10月 04日 ( 3 )

私は2016年5月20日より在家聖天秘法1000日行に入りました。
去る10月1日はちょうど折り返しの500日目。

それなのになぜか私はスケジュール帳に3日遅れで記録を取っていて、今日が500日目だと思っていたうっかりさんです💦
ガクーっ。

思い返せば行に入ってすぐ、当時まだ元気だった母が『北海道に旅行に行きたいわ。一緒に行こうよ』と言っていたのですが、家族に内緒で行に入っていた私は、旅先でどうやってお勤めをしていいのかわからず、切り捨てるように『行かん!』の一言で話題をぶった切って終わりました。
あの時、師僧に代行をお願いしてでも旅行に連れて行ってあげるのだったな…と後悔しています。

でも、春先に東北の親せき宅へ旅行してきたので、それが病前最後の旅行になったし、髪の毛がある状態の最後の写真も撮れたので良かったとしましょう。
私は母の留守中、心置きなく行に励むことが出来ました。


何だかんだで、行に入ると様々な邪魔や誘惑が起きます。
全て切り捨てて、自分と向き合うのみです。


何だかしんみりしてしまいましたが…

500日達成記念イベントをしようと思います。

祈りの雫をご注文の方、3名様に非売品の舎利を一粒プレゼントさせて頂きます。
先着順になります。
なくなり次第、終了となります。

舎利の種類は慈優にお任せください。






[PR]
by masumi-inari | 2017-10-04 21:00 | 眞澄稲荷便り

聖天さまについての学び

d0359990_16482847.jpg

日数計算サイトによりますと…
私が聖天法の1000日行を終えるのは、2019年02月13日(水曜日)です。

満1回目の100日行…2016年5月20日から8月27日 成満
満2回目の100日行…2016年8月28日~12月05日成満
満3回目の100日行…2016年12月6日~2017年3月15日成満
満4回目の100日行…3月16日~6月23日成満
満5回目の100日行…6月24日~10月1日成満
6回目の100日行…10月2日~
2018年1月9日(火曜日)
7回目の100日行…1月10日~
4月19日(木曜日)
8回目の100日行…4月20日~
7月28日(土曜日)
9回目の100日行…7月29日~
11月5日(月曜日)
10回目の100日行…11月6日~
2019年2月13日(水曜日)

二回目の百日行に入った際、この本を購入しました。
今日はこの本から、私自身の学びの為にまとめたものをアウトプットしたいと思います。

真言陀羅尼とお経功徳・ご利益事典 (わたしの家の宗教事典選書)

大森 義成/学習研究社

undefined


この中には、各お経の内容、意味などが説かれております。
使呪法経については「願望が全て叶う、万能の陀羅尼」とありました。

官位を得る、宝を集める、病苦をなくす、賊難を除く、男女和合、乱暴者を鎮める、道中の安全、住居の安穏、夫婦円満など
極めて現実的な効験です。

心願成就の祈願法には、上品・中品・下品の3つの方法があります。

上品(じょうぼん)
浴油供…阿闍梨が行うことが出来る
秘法につき、伝授を受けた者のみが知る
人中の王となる利益あり


中品(ちゅうぼん)
花水供…真言行者が行うことが出来る
秘法につき、伝授を受けた者のみが知る
皇帝の先生となることが出来る


下品(げぼん)
毎日供物を供えて自分自身で毎日祈る
富貴になり窮することがなくなる

以空上人によれば、柑子、梨、蓮根、茸は聖天には禁忌とのことですが、使呪法経にそのような説はありません。
また、大根や酒を供えます。
供物のお下がりは、行者や願主が食すれば気力を得ると説かれています。

大根…毒消しの意味があり、煩悩の毒を消すとされています。
酒…歓喜水といって、聖天の本来持つ仏性を外に出す功徳があります。

通常は歓喜団が喜ばれるとされていますが、聖天さまを始め天部の皆様方は甘いものを好むとされているので、私は広く「甘味」と捉えています。
また懐事情で、常に甘いものがお供えできるわけでもなく、クラッカー等の塩味のものがあがる日もあります。
但し、肉や卵といった、動物性のものは決してお供え致しません。


[PR]
by masumi-inari | 2017-10-04 18:00 | 眞澄稲荷便り

新生密教塾

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_14091108.jpg

当院では、塾を通じて様々な學びを配信しております。
塾生の数も日々増え、事務方も様々な準備に追われる毎日であります。

共に學び合い、親しみ、塾生同士の交流も盛んに行われる様に成った現在、次の段階に進む者も増えて居る。
喜ばしい限りである。
今や日本中に弟子のネットワークがある。
互いに助け合い、互いに學び合う事は私の理想である。

d0359990_20082987.jpg
胎蔵界曼荼羅銀製

d0359990_20082788.jpg
熊野誓詞、実物

d0359990_20082565.jpg
赤不動明王尊《分け御霊》

d0359990_20082175.jpg
帝釈天《当院所蔵》


御本尊を中心に始まった前身密教塾は、新たに新生密教塾と成り、これからも躍進を続けて参ります。

祈りと學びの両輪を重んじ、新たな幕開けを迎えた今、身が引き締まる思いである。

入塾を希望される方は、事務方までお問い合わせ下さい。

下記の申し込み欄をご参照下さい。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



[PR]
by masumi-inari | 2017-10-04 06:00 | 赤不動明王院便り