2017年 09月 07日 ( 1 )

如意宝珠

当院では長年、宇賀神尊の宝物として、白蛇神火炎如意宝珠を奉安して居ります。
師から弟子に受け継がれ、現在は銅製の如意宝珠の中に安置して居ります。

d0359990_19005300.jpg
当院秘蔵の白蛇神火炎如意宝珠《如意宝珠奉安容器銅製大型》
如意宝珠が奉安されて居ります。

d0359990_19005520.jpg
白蛇神火炎如意宝珠《如意宝珠奉安容器銅製小型》
如意宝珠が奉安されて居ります。

古来、如意宝珠を持つ者は、富貴意のままに成ると言いますが正しく、その働きは顕著に表れて居ります。
信徒様の願い成就と云う形に変わり、現在も当院の宝物として現存して居ります。


如意宝珠
神秘的な宝玉の名。
欲するがままに種々の宝物をつくりだすといわれ,一説に竜王の脳の中にあり,これを手に入れると,多くの財宝が得られるだけでなく,毒にもおかされず,火にも焼かれないという。
如意輪観音,地蔵菩薩などがこの宝珠を手に持ってその意を表わしている。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より

思いどおりに宝を出すといわれる珠のこと。
サンスクリット語のチンターマニcintmaiの訳。
如意宝、如意珠ともいう。
いかなる願望も成就し、意のままに、宝や衣服、飲食を出し、病気や苦悩をいやしてくれるまさに空想上の宝珠であり、また悪を除去し、濁った水を清らかにし、災禍を防ぐ功徳(くどく)があると信じられている。
如意輪観音(にょいりんかんのん)、馬頭(ばとう)観音、地蔵菩薩(じぞうぼさつ)などの持物(じもつ)とされる。
とくに真言(しんごん)宗などの密教で重んじられる。
日本大百科全書より


d0359990_19010344.jpg
屋根に如意宝珠を据え付ける時に行う、如意宝珠秘法の実際
《写真をお借りしました》

d0359990_19010513.jpg
如意宝珠を奉安する容器
《写真をお借りしました》

d0359990_19010812.jpg
銅製如意宝珠
《写真をお借りしました》

d0359990_19011130.jpg
如意宝珠を持つ当院の地蔵菩薩像

今回、真澄稲荷《当院の分院》建立を記念して、当院所蔵の白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊である、如意宝珠を御授けする事に成りました。

御授けをご希望の方は、真澄稲荷の記事をご覧ください。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

以前から、赤不動明王院の寺宝である「白蛇神火炎如意宝珠」の存在は知っていましたが、秘宝ゆえにまじまじと拝見したことはありませんでした。
このたび、ありがたくも三宝の上に安置して撮影して頂けて、とても光栄に思っています。

分院建立記念として、赤不動明王院の火炎如意宝珠の分御霊をお授け出来ることになり、夢のようです。
これまで眞澄を応援してくださったみなさま、支えてくださった皆さま、精油ブレンドやキャンドルなどを通じてご縁が出来た皆さまのご多幸を祈念して、眞澄からお届け出来ることを楽しみにしております。

感謝合掌

後藤慈優



[PR]
by masumi-inari | 2017-09-07 06:00 | 赤不動明王院便り