眞澄稲荷日和

masumiinari.exblog.jp

金剛山赤不動明王院 眞澄稲荷社

2017年 09月 01日 ( 1 )

大判クロスがいいみたい

ありがたいことに、法具の記事を書いて以降、時々信徒さまや弟子仲間から銀磨き布をご寄進頂くようになりましたm(__)m
本当にありがとうございます。

この銀磨き布の存在を最初に教えて下さったのは師僧です。
「100円ショップに売れているよ」と。
そこで店頭に出ているものを買い占めました。

普段はピカールという白い液体の磨き剤を使用しているのですが、細かい目地の中にこの液体が入って乾くと大変なんです。
古歯ブラシでこすり取っています。

私の磨きはこんな手順です。
柔らかい布に磨き剤を付けて拭く→綺麗な柔らかい布で仕上げ磨き→細かい目地の部分は古歯ブラシで擦る

しかし古歯ブラシがないとき、面倒臭いとき、目地の部分を重点的にきれいに磨きたいときには、やはり磨き布が重宝します。

しかし、黒ずんだ銀の仏像を磨くには、ちょっと布が小さいのです。
相手が仏像となると、さすがに表面積が法具の比ではありませんよね。

そこで活躍するのがこちらです。
d0359990_21111291.jpg
わーい。嬉しい大判だ♪
ちなみにわたし、コレをホームセンターで購入しました。
シルバー磨きクロス

仏さまのお顔にピカールのついた古布を当ててこするなんて暴挙はとてもではありませんができません。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ちなみに仕上げ磨きをしている途中の私の法具です
d0359990_21142408.png
無心に法具を磨いていると、嫌なことを忘れます。
たまに大切なことも忘れます💦



[PR]
by masumi-inari | 2017-09-01 21:00 | 眞澄稲荷日誌