2017年 08月 19日 ( 1 )

経験を後世に伝える

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

d0359990_14580165.jpg
経験を後世に伝える行為を歴史と捉え、教訓とする時、私達は沢山の學びに囲まれて居る事に氣づくであろう。

独裁の愚かさ、暴君を野放しにした過ち、歴史が教えて居る事を學ば無かった結果である。
自身の身に置き換えて考える行為は自身を成長に導き、政治を他人任せにする時、自身を犠牲者に導く。

愛の裏返しは無関心。
無関心からは何も生まれず、無関心は独裁者を生み出す結果に繋がる。

無知蒙昧な独裁者は、国民を奴隷と捉え、勝手放題に振る舞う。
d0359990_15000049.jpg
しかし、その独裁者を作り上げたのは自然発生か?
勝手に生えたのか?

違います。
国民が容認して来た結果である!

家庭内の事で考えれば、簡単にお解り頂けると想います。
一例を挙げれば、家庭内暴力、ギャンブルに依る家庭崩壊、不倫問題、その他。
最初は小さな問題に始まり、やがて修復不可能な状況に発展する事が多いのも事実ではないでしょうか。

d0359990_12391820.jpg

黙っていた事も、助長する結果に繋がるのです。
監視では無く、愛の目線で考え行動する事は、人間にしか出来ません。
無関心、容認は、愛ではありません。

d0359990_15014556.jpg
関わりたく無いと思う方も居るでしょう。
しかしそれも愛無き行為なのです。

三度言ってダメな場合は、潔く手放しましょう。
暴力沙汰に成る位なら手放しましょう。
言っても聞か無いと判断した場合は手放しましょう。
そして、手放した後はあなた自身の人生を生きるのです。

d0359990_14413743.jpg

自分を愛する事が出来ない人が、他を愛する事が出来ない様に、私達は、御仏に愛されている事に感謝して生きることが報恩感謝である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝






[PR]
by masumi-inari | 2017-08-19 06:00 | 赤不動明王院便り