眞澄稲荷日和

masumiinari.exblog.jp

金剛山赤不動明王院 眞澄稲荷社

2017年 08月 02日 ( 1 )

聖域

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い


d0359990_10224966.jpg

世界各国に存在する聖域《パワースポット》が、非常識な行為に依り損なわれている。
日本でも同様な問題が各地で発生して警察問題に成っているが、その最たる原因は魂の幼児化である。

カタカナ語で会話し、自国の言葉もあやふやにしか表現出来ずにいれば、やがて文化そのものも危ぶまれる時が来ます。
文化が根底に無ければ、思想は思想では無く、自分勝手な一人よがりに成り下がるのである。

d0359990_10250625.jpg

例えば昨今の、自由に名を借りた一人よがり的行動。
相手の迷惑も考えず、家族《夫》の非難を公表し、自らを正当化する。

しかし、世間は冷ややかである。
やがて消えるであろう。

聖域での愚行はお止めなさい。
何故か?
全て自分に返って来ます。

それを具体的に書けば簡単である。

ある男女が、浮かれ気分で聖域に落書きをしました。
その後、二人は別々の人生を歩み、別々の相手と結ばれたが、その相手に依り人生がメチャクチャに破壊されたのです。

d0359990_10272967.jpg

これは自業自得であり、当たり前なのです。
やってはいけない事を理解出来ない人が、まともな人と結ばれる訳が無いのです。

波長の高いものと波長の低いものは、あいまみえる事が無いからです。

口で綺麗事を並べても、心は波長が低いものは必ずボロが出ます。
もし、あなたが素晴らしい相手を望むならば、今からでも遅くはありません。

d0359990_10285363.jpg

自分で自分を磨く事です。
必ず良い相手に巡り会えます。

後はあなたの努力が人生を変えるのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

パワースポットや旧所名跡に悪戯書きをしたり、そこの何かを傷つけたり、一部を持ち帰ったりする行動が後を断ちません。
なぜこのようなことをするのでしょうか。

その場所やそこを聖域、宝物として大切にしている人々の気持ちを意図的に害したい、という積極的な悪意でない場合、それはあまりに軽薄かつ短絡的で衝動的な意図から出ているように思います。

それは「記念に」という浅はかで身勝手な理由です。
もちろん、意図的に攻撃することは決して許される行為ではありません。

縁結びの神社仏閣であれば、柱や木に名前を彫り込む、何かの一部を持って帰るなどでしょうか。
二人の愛の記念が欲しければ、絵馬があり、お守りがあり、撮影を許可された場所で写真を撮れば良い事です。

なぜ聖なる領域に、自分たちの名前を刻む必要があるのでしょうか。
そこに傷をいれることで、ご神仏が常に自分たちを意識してくれるという思い込み、思い上がりなのでしょうか?

こうした行動に出る人というのは、ご神仏とのお付き合い云々以前に、人と人との付き合いの礼儀が欠落しているとしか思えません。
ご神仏とのお付き合いは、普通の人間関係の延長線上に「理性的に」考えたとき、基本的な礼儀作法は見えてくるものなのです。
それ以上の専門的なことは、僧侶にお尋ねください。

物事の基本は、人として社会で生きるための良識が備わっていることが前提です。

今日もありがとうございます

感謝合掌
後藤慈優




[PR]
by masumi-inari | 2017-08-02 06:00 | 赤不動明王院便り