これからも自分に問い、日々を丁寧に過ごしていこうと思います

d0359990_11465115.jpg

ダキニ天さまの香りに、またしても素敵なご感想を頂きました。
ありがとうございます。
独特な香りは好き嫌いが分かれるものですが、嬉しいことにいつも頂く感想がおおむね好評を博しております。

私にとってこのダキニ天さまの香りは冒険でした。
使っている香り、それぞれが凛とした高価な素材ではあるのです。
しかし、いわゆる果物やハーブのようなストレートさ、軽やかさ、爽やかさといった「アロマ」と聞いて、すぐに連想する香りではありません。

香水の世界で言うところの「オリエンタルノート」というと、なんとなく敷居が高く感じられてしまうのですよね。

ダキニ天さまの香りは、先に発表した「孔雀明王さまの香り」を気に入って下さった方には受け入れやすいかと存じます。

それでは、御許しを頂いてご感想を掲載させて頂きますね。

ダキニ天さま、まさに液体の塗香ですね。
甘さの中に適度な刺激のあるふくよかな香りに、もううっとり・・・

シンプルで潔さを感じられる爽やかな香りも好きですが、さまざまな要素が絶妙なバランスでちょうどよく重なり合うことでしか得ることのできない
滋味深い香りがあるのだなぁ~ と、ゆったりと深呼吸をしながら感じました。

日々の人間関係も同じかもしれませんね。
酸いも甘いもいろいろあるけれど、さまざまな人と関わることで自他共に豊かになり、繁栄する・・・
そんなことを祈りながら、ダキニ天さまのオイルも大切に使わせていただきますね。

私は自分の職業としては[会社員]になるのですが、慈優さまのダキニ天さまオイルがきっかけで
「私の本当のおつとめって何なのだろう?」と最近よく考えるようになりました。

私にとって仕事とは何か? 成功するとはどういうことか?
これからも自分に問い、日々を丁寧に過ごしていこうと思います。
この度も本当にありがとうございます。
心より感謝をこめまして。

優れた素材が重なり合うとき、人の心は動くのですね。
滋味深いとは、まさに言い得て妙ですね。

少しひんやりとして清潔で広い空間(お寺)のなかで、正座をして目を閉じたときのように、内面が静かに澄んでくるような香り。
私にとって、ダキニ天さまの香りはそんな光景を見せてくれました。


ちなみに、弾けるような陽気な香りは、愛染明王さまや宇賀神さま、聖天さまの香りが担当してくれています。
使い分けして頂ければありがたく幸いです。





[PR]
by masumi-inari | 2017-11-22 14:00 | お客様からの手紙