【あと2つ】如意宝珠(白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊)をお授け致します

大変ご好評頂いております如意宝珠ですが、11/14更新致しました。
前回仕入れ分が、おかげさまであと残り2つとなりました。
ありがとうございます。

眞澄から白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊を入れた水晶の如意宝珠をお守りとしてお授け致します。
如意宝珠とは龍神さまの宝です。
龍神さまは水を必要とされるため、巾着袋の中には水の象徴である真珠をひとつお入れしております。
こちらの真珠は袋から出されませんようにお願い致します。

d0359990_14091919.png


水晶や宝石は、何故、加工が必要なのかご存知ですか?

原石ですと余りにも《無機質》情が無く、いわゆるとげとげしい性格が全面に出過ぎるのです。
それを加工する事で、緩和して居るのであります。
《原石は性格が剥き出しの状態》

原石の成り立ちを學べば、なんたるかを確認できるはずです。
科学式だけで無く、原因まで掘り下げれば明白です。

如意宝珠は、法を付加する事で様々な力を発揮する球の事であります。
一例を挙げれば、龍神の宝珠、稲荷神の宝珠、地蔵尊の宝珠が見られます。
その他にも、宝珠を持った仏は出会うことがあります。
数えて観るのも、學びです。

師僧


d0359990_19005520.jpg

赤不動明王院秘宝 白蛇神火炎如意宝珠《如意宝珠奉安容器銅製小型》
如意宝珠が奉安されて居ります。

当院では長年、宇賀神尊の宝物として、白蛇神火炎如意宝珠を奉安して居ります。
師から弟子に受け継がれ、現在は銅製の如意宝珠の中に安置して居ります。
古来、如意宝珠を持つ者は、富貴意のままに成ると言いますが正しく、その働きは顕著に表れて居ります。
信徒様の願い成就と云う形に変わり、現在も当院の宝物として現存して居ります。

今回、真澄稲荷《当院の分院》建立を記念して、当院所蔵の白蛇神火炎如意宝珠の分け御霊である、如意宝珠を御授けする事に成りました。


d0359990_14181084.png

如意宝珠(溶解水晶)守り
・直径約20㎜
・巾着袋つき(中に真珠が入っています)
・5,400円(送料込)

~如意宝珠の浄化の仕方~
1)宝珠を小さなお皿や器に入れます。
2)日本酒を熱燗にし、何かの容器に入れます。
3)上から優しくスプーンでお酒をかけます。
4)お酒を掛けて浄化する際に、宇賀神さまのご真言を唱えます。
5)お手入れとおもてなしが終わったら、水洗いして柔らかい布で拭きます。
6)お手入れに使った後の日本酒はお料理に使ったり、お風呂に入れてご利用ください。
お風呂に入れるとお肌がツヤツヤピカピカになるという事です♡
※お手入れとおもてなしに使う日本酒は、出来れば大吟醸酒が好ましいですが、そうでなくても構いません。
要はおもてなしの気持ちが大切です。

こちらの如意宝珠は、ヒマラヤ水晶を原材料とした溶解水晶です。
天然水晶をご希望される方へ。
要相談とはなりますが、天然水晶をご提供させて頂くことも可能です。
ちなみに天然水晶の場合は、15ミリ位のサイズで、原価3万円~、10センチサイズで数百万円~となっております。
こちらに加工賃、祈祷代、送料等を別途お乗せした金額でのご請求金額となりますことをご了承下さい。
また、お品物に対する保証書として、鑑定証(別途1万円かかります)もしくは国際鑑定証をお付けすることも可能です。
ご入用の際にはどうぞ遠慮なくお申し付け下さいませ。


≪溶解水晶(練り水晶)とは…≫
水晶を粉にして高温で溶かし、不純物を取り除いてから再度結晶化させたもの。
無色透明であり、大きなものでも安価で取引される場合が多い。
別名「石英ガラス」


[PR]
by masumi-inari | 2017-11-14 08:00 | ★眞澄の仏像・如意宝珠・御幣