法具一覧《本砂張、響銅製》 

密教法具

今回ご紹介します独鈷杵・三鈷杵は、密教の代表的な法具です。

独鈷杵は、杭としての役割《自身の煩悩に杭を打つ》があります。
三鈷杵は、煩悩を断ち切る剣となります。

しかし、全ては阿闍梨からの相伝を必要とされます。
当院では、必要とされた方々に対し、その方の力量に合った方法を教えて居ります。

密教法具は古代インドの神々の武器でありました。《医療道具に用いられたものもあります》
後に日本人の技巧性の高さによって高められ、現在に至ります。
日本の密教法具と海外の密教法具を並べて見れば、一目瞭然としてお判り頂けると考えます。

当院では古来の伝統を護り、京都で製作した法具を安価にてお分けして居ります。
要望があれば、全ての密教法具を調達出来ます《全て本物》

昨今は外国製の法具が安価で市場に出る事がありますが、やはり粗悪な物が多く見受けられます。
素人の方が見分けるのは難しいですが、本物に触れる内に必ず良し悪しの判断が出来る様に成ります。
良い物には飽きが来ません。
この機会に、本物に触れては如何でしょうか。

赤不動明王院の独鈷杵は全て本格仕様であり、真鍮製ではありません。
本砂張、響銅とは、特別な配合を行い、強度を上げた本格法具にしか使用しません。

普通の寺院法具は、ほとんど真鍮製であります。
言わば、本砂張、響銅は、最高級の法具にしか使われて居りません。

当院の法具は、専門法具師が当院の為に誂えた本格派の法具である事を、此処にご報告申し上げます。

師僧


砂張…銅・スズ・鉛の合金。また、それを用いた仏具や種々の器物。
別名、響銅とも言う。指ではじいたり、三鈷や五鈷の矢に数珠を当てると素晴らしい音色がする。




響銅製独鈷杵
d0359990_23440479.jpg
★本砂張(響銅製)独鈷杵…(約6cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:23,220円(消費税及び発送料込)

★本砂張(響銅製)独鈷杵…(約15cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:42,660円(消費税及び発送料込)




響銅製三鈷杵

d0359990_14273314.jpg
★本砂張(響銅製)三鈷杵…(約7.5cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:37,800円(消費税及び発送料込)

★本砂張(響銅製)三鈷杵…(約15cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:54,000円(消費税及び発送料込)

★本砂張(響銅製)三鈷杵…(約16.5cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:59,400円(消費税及び発送料込)







*ご注意*

使い方等に関するご質問は、赤不動明王院へ直接ではなく、「必ず」眞澄を通してご連絡下さい。
眞澄から師僧にご連絡し、回答を得た後にお伝え致します。

ご質問及びご回答は、赤不動明王院から法具をお迎えになった方に限ります。
また、頂いたご質問全てにお答え出来るとは限りませんので、何卒ご了承下さい。

【お答えできない使用方法】
・株、投資、ギャンブルなどに関すること
・人の生き死に関すること
・呪詛に関すること





[PR]
by masumi-inari | 2017-12-08 21:00 | ★赤不動明王院の仏像・法具