眞澄稲荷日和

masumiinari.exblog.jp

金剛山赤不動明王院 眞澄稲荷社

日本の言葉

永作師僧より 勧進のお願い

院主より、勧進のお願いを致します。

このたび、赤不動明王院では、ご本尊さまである赤不動明王尊の尊剣、
並び護摩壇法具を謹製させて頂く運びとなりました。

不動尊剣は刃渡り80cm、全長1mを越える豪剣であります。

皆様の御厚意を賜われば幸いであります。
これはお願いであり、決して強制ではございません。

ご寄進くださったみなさま方へは、宝剣にて特別祈祷をさせて頂く所存でございます。

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
【赤不動明王院】 勧進のお願い

今、日本の言語は壊滅に瀕して居ると考えます。
カタカナ言葉、ヤンキー言葉、《言語の乱れは国の乱れを現します》

d0359990_14091197.jpg

昔から言葉には魂が宿る《言霊》と言われて居ります。
また、音にも魂が宿る《音霊》と言われて居ります。


美しい言葉、美しい音、音と言えば音楽を連想されるでしょうが、違います。
河のせせらぎ、波の音、皆優しく響きます。

d0359990_14091242.jpg
d0359990_14091203.jpg

また、日本人が愛した音、例えば私が好きな水琴の音などは、夏の暑さを和らげる効果があります。

d0359990_14091178.jpg

そんな美しい音に囲まれて育った子供たちには、無邪気を感じます。
無邪気、邪気に支配された大人。

語も音も美しいと理解出来なく成った時、人は互いに傷つけ合い、殺し合うであろう。
そうならない為にも、學びが大切です。

d0359990_14091108.jpg

學ば無くては、何事も身につけられないのは当たり前の事です。
人間界でいく歳を重ね様が、學びを拒否する者に成長は無い。

私の好きなお婆ちゃんは、学校には行けなかったご自身の境遇を恨む事無く、ご自身で學ばれて居られます。

學びは、自身の宝。
例えば他人に物を貰い、返せと言われれば返すのが道理だが、この世に返せと言われても返さ無くても良いのは、學び。
また返したと言ったところで証しが無いのも、唯一學びだけでは無いでしようか。

d0359990_14091073.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



[PR]
by masumi-inari | 2017-08-12 06:00 | 赤不動明王院便り